和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

心癒すもの

糖質フリーが、叫ばれる昨今。 お砂糖を使う和菓子を作る身としては、 健康とはかりにかけると、肩身がせまく、 本当に和菓子を、おすすめしてよいのか? 自分の中で葛藤することが、ありました。 しかし、そんな私の考えを導くような出来事がありました。 …

京都 グッときた瞬間

結婚記念日のある今月。それにかこつけ、次女と夫と三人で日帰り京都へ。 そんな、京都で、グッときたシーンを。 まずは、嵐山、渡月橋へ。紅葉はまだまだ。 行きたかった天龍寺へ。 達磨のお出迎え。 龍の襖絵。 後醍醐天皇の尊像を祀る多宝殿へ。細かな細…

娘おやつ

寒くなり、落ち葉も増え、ひしひしと、秋を感じます。 蒸し菓子や、オーブンを使った焼き菓子が美味しい季節ですね。 ●村雨「凩」 そんな、秋の訪れとともに、我が家には、沢山のサツマイモが届きました。 以前、茨城、岩間の栗をいただいたお話をブログに載…

★更新 霜月のお稽古 特別版ワークショップのお知らせ★

霜月のお稽古の記事を更新しました。(青字箇所です。ご確認願います。) この小さな教室の 和菓子教室 おけやも、 おかげさまで、11月で、 一周年を迎えることとなりました。 これも、数ある教室の中から、 和菓子教室 おけや に、 足を運んで、集ってくだ…

神無月のお稽古〜初雁と秋の空〜

すこし肌寒くなり、 秋を感じるようなどんよりした雲の日に、 神無月のお稽古がありました。 今回は、こだわりの仲宗根黒糖さんの黒糖をお味見していただきました。 その黒糖で錦玉をつくり、ちょうど、初雁の季節なので、雁の抜き型で、抜いていただき、 秋…

★三条市のワークショップの振替日2020年1月に決まりました★

先日の台風19号の影響を考え、 10月12日のワークショップは、 延期とさせていただきました。 楽しみにされていた方には、 大変ご迷惑をおかけしました。 申し訳ありませんでした。 早速、延期の日程が、決まりましたので、 ご報告させていただきます。 日程…

★師走のお稽古のお知らせ★

12月は、かすかなオレンジ色の空が重たい灰色の雲に覆われるような少し物悲しさを感じる季節。冬枯れの木を見ながら、かじかむ手に息を吹きかけると、しみじみ冬を感じる頃でしょうか。 その冬を切り取った和菓子を手作りしませんか? ●薯蕷饅頭「かぶ」 週…

煉ようかん

●煉ようかん「日出ずる」 新年に向けて、煉ようかんの試作をしました。 希望を感じてもらえたらいいなぁ、、、と、 思います。 ●虎屋 小形羊羹「新栗」 裏ごしした新栗と、白餡を練り上げた 新栗の煉ようかん。 上質な餡の後に、栗の香りがふぁーっと。 幸せ…

今年もまた、、、

今年もまた、、、 できました!!! ●新みそ 今年は、大豆は、北海道十勝産、 麹、味噌は、新潟越後味噌、 お塩は、秋田の男鹿半島産にしてみました。 いつもは、大寒に仕込むのですが、、、 忙しく時を逃し、桜咲く時期に仕込んだ味噌。 どうか、おいしくな…

背中を押すもの

実は、私、和菓子を作りながらも、 無類のシュークリーム好き。 しかも、今風のものではなくて、 ベーシックなタイプが好み。 友人が、たまには、あんこから離れてみたら?と、 大好物のシュークリームを差し入れしてくれました。 ●樹杏「シュークリーム」 …

秋の空 と 秋の虎屋

切ないような、胸にせまるような、少し物哀しい、秋の夕暮れ。 他の季節にはない、秋の空のグラデーションですね! ●外郎製「秋の空」 この切ない黄昏時を和菓子に。すりガラスのようなういろうがぴったりです。 ちょうど、雁が北から渡ってくるころ。 空を…

秋をまちわびて

秋を待ちわびて、いただくもの。 ●鶴屋吉信「栗まろ」 見た目もかわいい薯蕷饅頭。中には、こしあんと贅沢にも栗一粒!焼印でその年の年号が入ると、新栗を使っている合図に。 今年はもう、新栗です!ワクワク。 ● 虎屋「栗粉餅」 この栗粉餅。江戸時代は、…

お彼岸

お彼岸におちょぼおはぎを作りました。 ●おちょぼおはぎ わたしの和菓子の原点は、祖母のつくったおはぎです。 新潟のもち米、手間暇かけたあん。 大きさも握りこぶしくらいで、あんのつけ方も大雑把。それなのに、本当においしくて、 3、4個は、食べていた…

秋晴る

ここのところ、娘たちに任せていた犬のお散歩。 久しぶりに、晴天の中、いってきました。 少し、行かないだけで、散歩ルートは、秋めいていました。 ●薯蕷練り切り「落ち葉」 山芋が美味しくなる季節。 蒸した山芋を丁寧に裏ごしし、白あんとまぜ、練り切り…

長月のお稽古〜残る暑さ〜

ここのところ、お稽古の日は雨だったので、 昨日は、気持ち良いくらいの晴天の中で、 長月のお稽古となりました。 ●栗きんとん、光琳菊、栗蒸しようかん 友人が、届けてくれた茨城、岩間の栗。 私は、毎年、この栗で、きんとんを作りますが、いろんな栗の中…

嬉しいいただきもの

毎年、恒例の嬉しいいただきもの。 茨城出身の友人が、栗の産地で有名な岩間の栗をとどけてくれました。 早速、栗きんとんを。 ●栗きんとん「栗名月」 10月の栗名月こそは、お月様を見れるといいなぁという思いをこめて。 岩間の栗で作った栗きんとんは、こ…

重陽の節句

明日、9月9日は、五節句の中のひとつ。 重陽の節句ですね。 翁草ともいわれる菊に、不老長寿を祈願して、 菊の節句とも呼ばれています。 和菓子屋さんでも、着せ綿など、 菊のお菓子が沢山ならびます。 ●道明寺製「光琳菊」 丸と点だけで、表現した光琳菊を…

★2020年1月19日(日)新潟でのワークショップのお知らせ★

先日の台風19号の影響を考え、 10月12日のワークショップは、 延期となりました。 楽しみにされていた方には、 大変ご迷惑をおかけしました。 申し訳ありませんでした。 延期の日程が、決まりましたので、 ご報告いたします。 日程は、2020年1月19日日曜日と…

涙そうそう

先日の沖縄旅行では、 夜になると、そこかしこで、沖縄の曲のライブが! そんな曲の中には、「涙そうそう」も。 この曲を聴くと、、、思い出すのは、、、 18歳の時に亡くなった母のこと。 沖縄の海と、夜空を見ながら、音楽に導かれるように、母を思い出しま…

心に沁みる味

前回もお話しましたが、 晩夏の沖縄旅行に行ってきました。 家族は、マリンスポーツが一番の目的で、あれやこれやと楽しんでおりました。 かわって、私の一番の旅の目的は、こだわりの黒糖を買うこと。 そして、作っている方にお会いすること。 それは、昔な…

体に沁みる味

夏の終わりの家族旅行へ。 沖縄にいってきました。 今回の旅の目的のひとつ、 羽田、成田空港の虎屋でしか、売っていない羊羹「空の旅」を買うこと。 15代目社長が、飛行機から見下ろしたパリの夕焼けに感動したことがきっかけで、できた羊羹だそうです。 出…

儚い

ここのところ、気温が一段下がり、 儚い線香花火の最後の火のように、 夏の終わりをすぐそこに感じるようになりました。 ●練り切り「儚い」 猛暑で、大変な夏でしたが、 夏生まれとしては、夏の終わりを、寂しく思います。 しかし、、、秋は、また、和菓子の…

★神無月のお稽古のお知らせ★

★満席となりましたので、お申し込みを締め切りとさせていただきます。ご応募ありがとうございました。★ 10月は、秋の風にのって、雁が北から渡ってくるころでしょうか。「初雁」という菓銘のお菓子が、お店に並ぶと、この季節がやってきたと改めて感じます。…

夏から秋へ

夕方の犬の散歩。 晩夏から初秋になくツクツクボウシの大合唱でした。 吹く風にも、確実に、季節の変わり目を感じるようになりました。 この夏は、教室をお休みさせていただきましたが、 沢山の気づき、発見があり、 そこから、様々を追求し、 秋に向け、沢…

お盆

お盆は、新潟へ、お墓まいりで帰省しました。 なんと、気温は40度。 こんなに暑いときは、川に足でも。 この暑さの中、ついてきたのは、犬だけでした(笑)。 娘たちが幼い頃はよく、水の綺麗な清流「五十嵐川」で、川遊びをして、小さな魚をすくいました。 …

スランプの原因は!?

ここのところよく作っている水羊羹。 毎年、私の水羊羹を食べている私の妹と、娘二人は、水羊羹については、特に厳しい目をもっています。 その三人が、口を揃えて、去年までと味が違う、口どけは、いいけど、甘さが強い、、。 レシピの配合も、一緒なのに、…

お盆のおみや

お盆は、普段会えない親戚に会うことが多いので、手土産を買いに行きました。 久しぶりに、ビ、ビ、ビ、の出会い。 ●五郎丸屋 季節の薄氷 「浴衣」 涼しげなお菓子ですね。ちなみに、柄は朝顔。 朝顔は、秋の季語だそうです。 何より、洒落てます!!! この…

今、この時。

昨日の犬の散歩は、少し風が出てくる夕方に出発。 帰りは、日が暮れました。 すると、夜空には、とっても綺麗な月が。 秋は、月が綺麗な季節。様々な形を楽しめますね! そんな風に、すこーしずつ、秋を感じながらも、 この時期ならではの水羊羹を、まだ食べ…

立秋

まだまだ、暑い日が続きますが、立秋となりました。 本格的な秋への準備期間といったところでしょうか? 気分だけでも、秋の和菓子を。 ●きんとん製「秋めく」 夕方の風は、すこーしずつ、 秋に近づいているような優しい風に感じます。 ●夕方の散歩で、風に…

夢瓢

先日、病気を克服し、元気になった友人に会いに行きました。命と真剣に向き合ったからこその、光り輝く友人の笑顔が、素敵でした。 今まで、無病息災ということで、祈りを込め、無病で六つの瓢箪の和菓子をつくりましたが、今回、友人の笑顔をみて、瓢箪の和…