和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

熊穴から出る〜弥生のお稽古①〜

2ヶ月のお休みをいただき、、

熊は、穴から出て、冬眠から覚めました(笑)。

いえいえ、教室を再開しました。

 

去年の三月。
緊急事態宣言で、
中止にしたお花見のお菓子のお稽古。

f:id:wagashi-okeya:20210301221146j:image

晴天の今日、1年越しで、

桜の花と共に実現しました。

f:id:wagashi-okeya:20210301232900j:image

f:id:wagashi-okeya:20210302072621j:image
皆さん、気合が入り、、
気づけば、全員立って作っていました😊

f:id:wagashi-okeya:20210301221428j:image
お団子に、

f:id:wagashi-okeya:20210301221445j:image

f:id:wagashi-okeya:20210302072636j:image

桜餅。
とても、込めて作られていました。

 

f:id:wagashi-okeya:20210301235257j:image

桜の下で、お花見の和菓子を、
皆でいただくことは、
日本の原風景のようで、
人と人をつなぐものだと思います。

 

しかし、昨今の状況の中、
例え、お花見ができなくても、、

f:id:wagashi-okeya:20210301232223j:image
花瓶の桜を愛でながら、
手作り和菓子でお花見気分を
楽しんでいただけたら、、と思います。

f:id:wagashi-okeya:20210301232253j:image

羽根さぬき本舗のお干菓子「桜」
お配りしました。

f:id:wagashi-okeya:20210301232728j:image

卯月のお稽古の蕨餅で使う和三盆糖も。
ここの和三盆糖は、本当に細かくて、
お口に入れると、、
パウダースノーみたいに、すっとなくなります。

ささやかな機械化への抵抗の味をご賞味くださいと
パッケージにありますが、
この抵抗のひと匙は、、、
美味しいというより、美しい味です。
卯月のお稽古の蕨餅、、お楽しみに!

f:id:wagashi-okeya:20210301232313j:image
その羽根さぬき本舗の包装紙は、
昔ながらの和三盆糖作りのイラスト!
和三盆愛が感じられますね。

f:id:wagashi-okeya:20210301232331j:image

お持ち帰りの和菓子の箱には、
桜をしのばせて。

 

今日イチ、皆さんの心が動いた瞬間は、
桜の葉の塩漬けを包みから出した時。
ふわぁっと香る桜の香りに、
うっとり包まれているようでした。

五感を使ってのお花見の和菓子作り。
とても楽しい時間でした。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

f:id:wagashi-okeya:20210301232407j:image

トドメは、手賀沼河津桜

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya 

★★★今後の教室の予定★★★

暫くは、少人数、小規模の教室となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。  

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

 

★卯月のお稽古のお知らせ★

四月は、草木が萌え、青さをまして、

爽やかな風が、薫る季節でしょうか?

すべての命が、いきいきと輝き出す季節に、

五感をフルに使って、、

手作りの和菓子を作ってみませんか?

f:id:wagashi-okeya:20210215224858j:image

・ういろう「山吹」

この季節、野山で風にゆらゆら揺れる山吹をイメージして。ういろうの魅力は、すりガラスのような半透明の見た目と、うるち米由来の新粉特有のしこっとした食感です。アクセントに茶葉をはらりと。

新茶がでていると、、尚、いいですね!

f:id:wagashi-okeya:20210215225103j:image

・本わらび粉使用「わらび餅」

希少価値の高い本わらび粉、和三盆を使って、香りのよい焦がしきな粉を纏って、わらび餅を作ります。

f:id:wagashi-okeya:20210215225447j:image

f:id:wagashi-okeya:20210215225507j:image

ぷるんぷるんの食感が、人気です。

f:id:wagashi-okeya:20210225162503j:image

羽根讃岐本舗の和三盆糖

粉雪みたいにお口に入れるとすっと溶けます。

ささやかな機械化への抵抗の味をご賞味くださいとパッケージにありますが、この抵抗のひと匙は、、

美味しいというより、美しい、、。

こだわりの和三盆糖を使います。おたのしみに!

〈日時〉①2021年4月14日(水曜日)13:00〜15:00

               →一名様の残席が、ございます。

               ②2021年4月26日(月曜日)   13:00〜15:00

                →満席となりました。 

            ※延長する場合もございます。

〈場所〉児童書籍専門店 ハックルベリーブックス二階    千葉県柏市柏3-8-3

〈内容〉上記の通りです。

〈料金〉3500円(税込)〈定員〉各回4名様

※お菓子は、2種各2個お持ち帰りしていただきます。

〈持ち物〉お茶、お菓子をお持ち帰りする手提げ袋、お手拭き、マスク、エプロン

〈お申込み方法〉ご参加いただける場合は、下記のメールにお申込み下さい。

wagashiokeya@gmail.com

ガラケー、パソコンの場合は、下記アドレスに送信願います。

wagashiokeya@yahoo.co.jp

〈お申込み内容〉

①お名前 ②当日連絡のとれる電話番号③メールアドレス④ご住所⑤参加希望日

件名は、「卯月のお稽古申込み①」か、「卯月のお稽古申込み②」で、日程を①か②で、記入をお願い致します。

*ご不明な点等ございましたら、上記のメールアドレスまで、遠慮なくご質問下さい。

 

また、コロナ禍におけるルールを、下記の通り徹底させていただきます。必ず、ご一読をお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●講座の定員は、以前の8名→4名になります。

●テーブル・備品のアルコール消毒の徹底を致します。

●講座の際、参加者全員のマスクの着用、作業時の手袋の着用をお願い致します。(手袋は、こちらでご用意致します。)

●始まる前の自宅での検温をお願い致します。

●発熱・咳の症状がある等、体調がすぐれない場合は受講をご遠慮ください。その際、キャンセル料金は、かかりません。

●講座前の石鹸での手洗いと手指のアルコール消毒をお願い致します。

●講座中に換気を行います。

●しばらく、試食は、行いませんので、お茶をご持参下さい。

●お菓子は、お持ち帰りのみとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のご協力を、よろしくお願い致します。

 

山笑う季節。五感を使い、和菓子を作って、

体いっぱい季節を感じてみませんか?

ご参加を心よりお待ちしております。

f:id:wagashi-okeya:20210216081747j:image

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

 

霞立つ

大地が目覚め、潤いはじめると、、

霞がたなびきはじめます。

散歩をしていると、少しずつ芽吹きを感じ、

日々春めいていくのを感じます。

 

さて、今日は、バレンタイン。

いつもは、美味しいチョコ派ですが、、
今年は、バレンタインデーの和菓子、、

作ってみました。

f:id:wagashi-okeya:20210214110741j:image

・今日の和菓子「唐紅〜からくれない」
紅花の天然色素で、燃ゆる唐紅色の煉羊羹に。

 

f:id:wagashi-okeya:20210214110829j:image

恋は、甘酸っぱいものということと、
冬を耐えて、今、可愛く咲いている梅にかけて、
梅干し入りです。酸味と塩気がアクセントに。

白いんげん豆の甘納豆も入っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:wagashi-okeya:20210214110941j:image

黄昏時のオレンジ色の空。

春を迎え、北国に、白鳥が群れになって帰る姿が、

手賀沼の空にみえました。


黄昏時。。昔、夕暮れの人の顔の識別がつかない暗さになると、、

誰かれとなく、
「そこにいるのは誰ですか」

「誰そ彼(誰ですかあなたは)」
とたずねる頃合いだったようです。

 

f:id:wagashi-okeya:20210214110852j:image

・今日の和菓子「誰そ彼」

昔は、男女顔をあわせることなく、
和歌を送り合って、恋を確かめていたようなので、
顔が見えない黄昏時、この菓銘がぴったりかな

と思いました。

 

f:id:wagashi-okeya:20210214111113j:image

干していると、日に日になくなっていく、琥珀糖。

朝日を浴びて、気持ちよさそう。

 

最後は、散歩で見つけた春。
かわいい河津桜

f:id:wagashi-okeya:20210214111855j:image

一日一日、季節は、春めいています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨晩は、大きな地震がありました。

被害を受けた地域の方々には、

心よりお見舞い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya 

★★★今後の教室の予定★★★

暫くは、少人数、小規模の教室となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。  

誠に勝手ながら、一月、二月は、教室をお休みさせていただきます。

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

※卯月のお稽古は、4/14(水)、4/26(月)各日13:00〜となり、近日中に、ブログに詳細をアップします。よろしくお願い致します。

 

 

初音

季節の時候は、「うぐいすなく」だそうです。

鶯の初音は、春を告げる声として、

のどかな春を表すものですね!

 

器の蓋をあけると、、、

虎屋さんの和菓子で、、、春が来ました!!!

f:id:wagashi-okeya:20210211090440j:image

・虎屋さんの和菓子「椿餅 歌 寒紅梅」

「左下 椿餅」
上質な肉桂が入ってる椿餅。
蓋を開けると肉桂の香りがふわっと!しあわせ〜。
「右下 歌」
焼印に、梅に鶯(うぐいす)の意匠に取り入れ、
この「歌」という菓銘がまた、素敵。
「中 羊羹製 寒紅梅」
いち早く春を告げる花として、
梅は「百花の魁(さきがけ)」といわれるそう。

f:id:wagashi-okeya:20210211154339j:image

虎屋さんの羊羹製、素朴で大好きです。

この羊羹製とは、こなしのことで、
こなしとは、あんこに小麦粉を加えて蒸して、
揉みこなす素朴なお菓子です。
私の大好きなお菓子でもあります😊


3月のお稽古では、このこなしを使って、
お団子を作ります。お楽しみに!

f:id:wagashi-okeya:20210211061901j:image
(詳細は、下記の★弥生のお稽古のお知らせ★にてご確認願います。/ 17日(水)の回に、一名様の残席がございます)

 

虎屋さんのお菓子は、ミッドタウンでかいました。

そのミッドタウンで、虎屋のお隣のチョコレート専門店にならぶ女性が、みーんな綺麗でした。 


例えば、お菓子を食べて、ワクっとしたり、
音楽をきいて、感動したり、
1日の句読点に、彩を大切にする人は、
美しくなるのかなぁと、行列をみて感じました。

となると、、心を込めて作った甘いもんは、
美しい人をつくるのかもしれないですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日の散歩にて、青空にぽっかり浮かんだ雲。

f:id:wagashi-okeya:20210211135804j:image
たべれたらなぁ、、。

ということで、

f:id:wagashi-okeya:20210211135819j:image
・今日の和菓子「白雲」
名残の蒸し物、かるかんで。 

 

私の妹は、冬が好きです。
色はないけれども、
雪白の煌めき、空気の透明度、
雪明かり、透明の群青色の夜。
色の世界が春から秋なら
透明感や彩度の世界が冬で、
その美しさが好きなのだそう。

人間のバランスが取れるように
神様が作ってくれた世界かもしれないとも。。

そんな妹から、新潟にもすこしの春がきたよ。

f:id:wagashi-okeya:20210211135858j:image
と、まだ誰も踏んでいない雪の下から、
顔を出している萌え出るものの画像がきました。

この光景、、

f:id:wagashi-okeya:20210211135914j:image
蒸し立ての包丁を入れる前のかるかんに、
似ていませんか😊?

 

色のない季節があるから、
春の彩に心が湧き立つのですね!

 

いつもの散歩道にもかわいい春が。

f:id:wagashi-okeya:20210211135941j:image

日々、春めいてます。

 

f:id:wagashi-okeya:20210212142057j:image

去年の如月のお稽古の表紙が、今の季節にぴったりだったので、よろしければ、お読み下さい。

 

只今、卯月のお稽古の萌え出る季節のお菓子を試作中♪近日中に、当ブログにて、告知させていただきます。よろしくお願いします。

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya 

★★★今後の教室の予定★★★

暫くは、少人数、小規模の教室となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。  

誠に勝手ながら、一月、二月は、教室をお休みさせていただきます。

 

wagashi-okeya.hatenablog.com


※卯月のお稽古は、4/14(水)、4/26(月)各日13:00〜となり、近日中に、ブログに詳細をアップします。よろしくお願い致します。

 

Spring has come!

Spring has come!

以前、この題名でブログを投稿したら、、

雪が、降りました、、。

こんなところでも、雨女発揮😅。

今回は、お天気が、続きますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春、陽だまりから顔をだす早わらび。

みつけると、早春の喜びを感じます。

f:id:wagashi-okeya:20210203231008j:image
・今日の和菓子「蕨餅」

希少価値の高い本わらび粉、

和三盆を使って、

きな粉を纏って、

f:id:wagashi-okeya:20210203231055j:image

みんな大好きの蕨餅を。

f:id:wagashi-okeya:20210203231119j:image

作っていても、食べても、

柔らかくて、ぷるんぷるん。幸せの感触です。

 

先日の満月が綺麗だったので、

栗羊羹と、小豆の練り羊羹で。

f:id:wagashi-okeya:20210203231211j:image
・今日の和菓子「満願」

満月をみると、何だか願いたくなりますよね。

カットして、キャラメルみたいに包んで、

いつでも食べれるひと口おやつに。

f:id:wagashi-okeya:20210203231321j:image

共通テストの日。
空気の済んだ寒い夜のサプライズ花火。

受験生へのエールみたいな花火。

世の受験生、がんばれ〜!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は、124年ぶりの2月3日の立春だそうです。

 

彩ある春の陽気の中、
皆様に幸多き日々が訪れますことを祈って。

f:id:wagashi-okeya:20210203231727j:image

・今日の和菓子「うらら」

麗かな春らしいピンクで染めた道明寺羹。
桜の花の塩漬けと一緒に。
芽吹きをイメージして抹茶の練り羊羹のニ層で。

 

抹茶は、立春ということで、
新しいものを開けました。

f:id:wagashi-okeya:20210203231804j:image
抹茶の練り羊羹は、美味しい抹茶を使って、

自家製白あんで、手作りすると、

本当に幸せなお味です。

 

f:id:wagashi-okeya:20210203231859j:image

無病息災を祈り、節分に飲む福茶。
梅干し、昆布、煎り大豆。
しみじみ美味しくて、去年の教室でも、
大好評でした。

 

f:id:wagashi-okeya:20210203231923j:image

初物のタラの芽。
萌黄色に目が冴えます。
天ぷらにして、抹茶塩で。

 

茶色と白の切ない季節から、、
様々に萌黄色が少しずつ帯びて、
はじまりのエネルギーを 
感じる季節に、バトンタッチですね。

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya 

★★★今後の教室の予定★★★

暫くは、少人数、小規模の教室となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。  

誠に勝手ながら、一月、二月は、教室をお休みさせていただきます。

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

節分②〜春寄り〜

立春が近づいて、

紅梅が、ほころびはじめていますね。

f:id:wagashi-okeya:20210131012408j:image  

・今日の和菓子「小梅ちゃんに鶯餅」

 

雪の日の翌日の青空。

f:id:wagashi-okeya:20210131013127j:image
犬との散歩で、春がすぐそこにいるのを感じ、
春に必ず作る鶯餅を作りました。

f:id:wagashi-okeya:20210131013209j:image
浅くて淡い、、青大豆のきな粉の鶯色。
この色に、春のはじまりを感じます。

f:id:wagashi-okeya:20210131013225j:image
求肥は、あかちゃんの肌みたいにもちもち。
くちばしと尾のように両脇をきゅっと摘んで。

あんこを今、底上げしていますが、
あんこが美味しくなると、こうゆう、

シンプルな和菓子こそ、
美味しさがあがる気がします。

 

練り切りで作った小梅ちゃん。
次女が、六年間習っていたそろばん。
こ○○という名前なのですが、
そろばんの先生が、よく、「小梅ちゃん」と、
間違えてよぶんだよ!と。
かわいい間違えをされていたようです。
そんなことを思い出して、小さい梅に。

 

まだまだ、底冷えの日々。

そんな時は、蒸し器を使ったお菓子を。

f:id:wagashi-okeya:20210131134218j:image

・今日の和菓子「あけぼの」
練り柚子入り黄身しぐれ。蝶をのせて。

私の春をイメージする色のひとつ、黄色。

f:id:wagashi-okeya:20210131134301j:image
卵の黄身と白あんを2回裏越しするだけで、
美しい黄色に。作りながら、うっとり。

この色を、友人が、ミモザに例えていました。

例えも、春ですね。

f:id:wagashi-okeya:20210131134351j:image

先日作った練り柚子を加えて、

f:id:wagashi-okeya:20210131134409j:image

セイロで蒸して。


柚子入り黄身しぐれは、珈琲がぴったりです。

黄身しぐれ、どら焼き、栗饅頭。
私見ですが、、卵が入っている和菓子は、

珈琲と合うなぁと思います。

 

f:id:wagashi-okeya:20210131134814j:image

春となり。

茶色や白の朽ちた美しさの冬のお菓子から、

彩ある芽吹きの春のお菓子へ。


そろそろ、教室再開にむけて、

冬眠から目覚めます!

溢れかえる和菓子道具を入れる新しい棚が到着。

私の春は、和菓子道具の整理から、はじまります。

 

※「節分①〜冬寄り〜」も、同時にアップしました。

よろしければ、一つ前の投稿もご覧ください。

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya 

★★★今後の教室の予定★★★

暫くは、少人数、小規模の教室となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。  

誠に勝手ながら、一月、二月は、教室をお休みさせていただきます。

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

節分①〜冬寄り〜

もうすぐ、立春ですね。

暦の上では、冬もあと少し。

f:id:wagashi-okeya:20210130232012j:image

桜の蕾は、みんな太陽の方を向いて、

きたるべき時に備えています。

 

先日、関東でも、真綿みたいなふわっとした雪が

降りました。

そんな底冷えの日には、

f:id:wagashi-okeya:20210130223637j:image

小豆を、銅鍋で、ことこと煮て、、

f:id:wagashi-okeya:20210130223721j:image

・「あわぜんざい」

雪の中、帰宅した娘にホカホカを。
ぷちぷちしていて女子はすきですね!

冬の寒い日のさもないおやつでした。

 

f:id:wagashi-okeya:20210130224657j:image

インスタの広告(@retrip_nippon)から、
ふと、一瞬のぞいた画像。
ハルニレの木。
冬景色の中で佇む姿が、
あまりに美しくてはっとして、
心が奪われてしまいました。。 

そこで、、

f:id:wagashi-okeya:20210130224727j:image

・蓮根羹「春楡〜ハルニレ」 

蓮根羹で、春を待つ冬景色をイメージしました。

f:id:wagashi-okeya:20210130224804j:image
蓮根を、鬼おろしで、おろして、

レモンと砂糖で煮て、雪にみたてて加えました。

ハルニレを作って。。

整えられた美しさを和菓子に求めてきましたが、

上の部分を少し不恰好にしてみたら、、

ハルニレの自然の大きな優しさに近づけたように

思います。


春に花を咲かせる「春楡〜ハルニレ」。

北海道のハルニレの木。
特に画像のハルニレは、ニ本で一本にみえる
めずらしいものだそう。

会えない大切な人と、緊急事態宣言が明ける頃、
ハルニレの花咲く春に会えますように。

再会の時、少しでも素敵な自分で会えるよう、
今は、ゆっくり、根を下へ掘り下げる時ですね!

 

f:id:wagashi-okeya:20210130225108j:image

最後は、一昨日の満月。
空気が冷たくて、澄んでいたので、
ここ最近の満月の中でも、一番綺麗でした。
冬にしかみれない美しさですね!

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya 

★★★今後の教室の予定★★★

暫くは、少人数、小規模の教室となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。  

誠に勝手ながら、一月、二月は、教室をお休みさせていただきます。

 

wagashi-okeya.hatenablog.com