和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

一期一会

昨日は、嵐が来るという予報の中、

なんとか、雨ももちこたえた

新潟県三条市での和菓子作りのワークショップでした。

f:id:wagashi-okeya:20190616085216j:image

●薯蕷練切「あじさい」  わらびもち

昨日は、ご参加の18名様が、4グループに分かれて、作業していただきました。

f:id:wagashi-okeya:20190616085354j:image

きんとんぶるいで、薯蕷練切をこしだし、

寿司型にいれていただいたり、

わらびもちのたねを一緒につくり、

包餡したりと、、、

はじめての方の組み合わせですが、

とてもチームワークよく、

作業していただきました。

わらびもちの、ぷるっと柔らかい感触に、

きもちいい〜のお声があちらこちらからきこえたり、

薯蕷練切の蓋を押す大役を譲り合ったり、

薯蕷練切の蓋を開けた瞬間のきれい〜というお声があがったり、

とても、微笑ましい場面が何回かありました。

そんな、一期一会の出会いの中で、

特に印象的な出会いがありました。

 

みるからに、その道のプロのような男性がいらっしゃいました。お話を伺うと、イタリアンのシェフとのこと。

そして、偶然にも、その隣に座ったのは、

前回も参加いただいた料理人志望の小学生でした。

そのお席は、一際、お話が盛り上がっていました。

そして、三条市名工、重房刃物さんの包丁で薯蕷練切をきる時には、シェフのアドバイスのもと、男の子が、スパッと綺麗な切り口を披露しておりました。

会場中が、注目する素敵な微笑ましいシーンでした。

 

昨日は、お茶の先生、お茶をやられている方、

和菓子を作ってみたかった方、

自宅でよく大福をつくる和菓子好きな方など、、、

沢山の素敵な方にご参加いただきました。

ありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

 

f:id:wagashi-okeya:20190616094000j:image

f:id:wagashi-okeya:20190616122048j:image

また、前回もご参加の着物の染色をされている方から、江口米というブランド米の地域で、笹団子作りもされているそうで、こしあんつぶあんのごんぼっぱの笹団子をいただきました。

添加物の入っていない本当の手作り。

お米の美味しい地域の澄んだお味に感動しました。

手間と時間を惜しまない笹団子作りを誇りに思います。

ごちそうさまでした。

 

そして、先ほどのシェフは、麻布十番でシェフを長年やられていて、このごんぼっぱの笹団子のパッケージの写真にある絶壁、八木鼻という三条市の名所の近くに年内にお店をだすそうです。

お店ができましたら、また、ブログにて、紹介したいと思います。

水も綺麗なところなので、絶対おいしいと思います!!楽しみです。

 

最後に、三条市ステージえんがわのスタッフさんには、フル回転で、最大のサポートをしていただきました。

本当に本当に本当に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

もう一度。

昨日、ご参加いただいた皆様、

サポートしていただいたスタッフの皆様、

ありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

 

f:id:wagashi-okeya:20190616093017j:image

丸井今井邸   風が抜ける素敵な空間でした。

 

今回、教室の写真は、とれませんでしたが、後日、スタッフから写真をいただいたら、アップします。

 

和菓子教室   おけや

 

ビ、ビ、ビ!

昨日、一保堂さんのインスタをみていたら、

ビ、ビ、ビ、と、

運命の出会いが!

f:id:wagashi-okeya:20190614093829j:image

●お干菓子    一保堂インスタグラムより

 

こんな、かたつむりの素敵なお干菓子、、、

みたことありますか???

 

しかも、明日の新潟教室の薯蕷練り切りは、

四角い紫陽花です。

f:id:wagashi-okeya:20190615071620j:image

その、隣においたら、みなさん、さぞかし喜ばれるだろうと思い、一保堂さんに問い合わせしました。

もちろん、京都の和菓子と思っていたら、

名古屋の芳光さんでした。

わらびもちで、とても、有名なお店です。

早速、芳光さんへ問い合わせしました。

すると、芳光さんの和菓子は、

すべて、配送されないようです。

ショックもひとしおでしたが、

やはり、味が落ちたり、壊れてしまうことを考え、

お客様へ最上のものを渡したいというお店の覚悟なのでしょう。

これだけ、沢山の人に愛されるわらびもちの理由は、

この覚悟にありそうですね。

パンフレットは、送ってくださるそうなので、

明日は、かたつむりのお話だけでもしたいと思います。

(ちなみに、お値段は、ひとつ120円だそうです。)

 

また、嫌がらず、すぐにお店を教えてくださった一保堂さんにも、心より感謝です。

 

いよいよ、明日に迫った新潟県三条市での教室。

丸井今井邸という素敵な空間で、

お越しくださる皆様と、和菓子をとおして、

とても楽しい時間になりますよう、

つとめたいと思います。

よろしくお願いいたします。

f:id:wagashi-okeya:20190614152319j:image

f:id:wagashi-okeya:20190614152406j:image

三条市ステージえんがわのスタッフさんが、

準備をしてくださっています。

f:id:wagashi-okeya:20190614193434j:image

準備完了。

ありがとうございました。感謝。感謝。

 

和菓子教室   おけや

一期一会

今日も、朝から、雨、雨、雨。

今日は、水無月のお稽古でした。

 

今日の雨で、自覚しました。

わたしは、雨女です。

 

去年11月から、教室を始めて以来、

教室の日は、ほぼ雨。しかも、強めです。

そんな足元の悪い中、

お越しくださった生徒さん方には、

心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

f:id:wagashi-okeya:20190610175147j:image

●錦玉「天の川」

今日の教室の、写真です。

他にも、きんとん「紫陽花」を作りましたが、

気付いたら、、、今日の写真は、

この一枚だけ(泣)。

 

ただ、金粉、銀粉は、

個性をだしていただきたく、

ご自分の感性で、仕上げていただきました。

 

どうですか???

ひとつとして、同じものがない。

そして、どれも素敵。

いわれた通りに作るのは、とても楽ですが、

自分らしいものを作るためには、

少し、創意工夫が必要となります。

だからこそ、それによって、

見る人に響くものになるのだと思います。

和菓子教室おけやでは、

五感を使って、遊び心や、

その方の感性をだしていただくことを、

大切にしたいと思っています。

そうすると、自分も、食べ手も、

和菓子を通して、

楽しさを感じれるのではないかなぁと思います。

 

今日は、いざ、試食タイムにお話が始まると、

和菓子愛の強さの共通点からか

和菓子や、お茶のお話が盛り上がりました。

皆さん、本当に熱心。

和菓子への愛が溢れていて、

今日しかないこの空間、時間が、

とても、ステキなものとなりました。

ご参加の皆様、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

また会場のハックルベリーブックスさん、

いつも、ありがとうございます。

今日は、雨の中、

家までおくっていただきました。

どれだけ、感謝すれば、よいのだろうか?

と、思いながら、帰宅しました。

 

本当にあたたかい心の奥山店長のいる

ハックルベリーブックスさん。

絵本と店長との出会いは、

ステキな一期一会となると思います。

ご興味のある方は、是非、お立ち寄り下さい。

f:id:wagashi-okeya:20190610185753j:image
f:id:wagashi-okeya:20190610182708j:image

 

帰宅後のお茶タイム。

f:id:wagashi-okeya:20190610183026j:image

●マッターホーンのバームクーヘン

マッターホーンのバームクーヘンを食べるのが夢だった私に、知ってか知らずか友人が買ってきてくれました。

本当に美味しくて、まさに夢の味でした。

ごちそうさまでした。

おともは、母の日のプレゼントのマグカップに、

苦いコーヒーをいれ、

マッターホーンのかわいい包装紙をしいて。

f:id:wagashi-okeya:20190610211353j:image

しおりの

「当店は この一軒   心  こめて   ていねいに」

が響きます。

 

今日は、ありがとうを沢山言った日でした。

感謝。感謝。

 

和菓子教室   おけや

ごんぼっ葉の笹団子

今朝、昨日の夕方作った笹団子が、

親戚のあきこちゃんからとどきました。

箱をあけると、、、、

ふわっーーっと笹の香りが。

まさに、緑の香りです。

f:id:wagashi-okeya:20190608113605j:image

●ごんぼっ葉の笹団子

この笹団子、

新潟県三条市でも、山あいで、

また、鮎もとれる五十嵐川の清流の近くの

水が綺麗な場所で、作られています。

 

あんこの小豆は、あきこちゃんの小豆。

完全無農薬で、万田酵素を肥料に、

清流の水で育った筋金入りの小豆。

以前、その小豆をいただきましたが、

何度晒しても、黒い水が出るほど、

力強い小豆でした。

f:id:wagashi-okeya:20190608114434j:image

●あきこちゃんの小豆でつくったこしあん

 

そして、自分の田んぼでつくったもち米を、

ウスで、ひくそうです。

包んでいるのは、笹ですが、

笹は、色が悪くなるので、

団子の中には、笹ではなく、

ゴボウに似た葉っぱ、

ごんぼっ葉を畑で育てて、

それを入れているそうです。

そして、地元のおばちゃんたち、

五人グループで、作るそう。

 

もう、どこをきっても、

美味しくないわけがない。

f:id:wagashi-okeya:20190608115518j:image

●ごんぼっ葉の笹団子

 

本当に、澄んでいて、優しい味の笹団子。

手間と時間を惜しまず、心を込めたものは、

だいたいいつも優しい味になるような気がします。

私も、こうゆう和菓子を作りたいなぁとしみじみ思います。

 

畑から、こだわっているあきこちゃん便には、

いつも、澄んだ味、優しい味を、

食育されています。

感謝。感謝。

 

まずは、私も、ウス、、、

買おうかな!?(笑)

 

和菓子教室   おけや

思い出の味

蒸しますね。

こんな時は、うちわでパタパタ。

練り切りで、うちわを作りました。

f:id:wagashi-okeya:20190607104631j:image

●練切「うちわ」

 

私と娘は、豆かんがとにかく好きなので、

我が家では、夏が近づくと、

豆かんの出番が非常に多いです。

 

私の父も、ところてんが好きでした。

よく、孫を、

山の湧き水でつくるところてんやさんに

張り切ってつれていってくれました。

自然にあふれたところにぽつんとあるところてんやさん。

山の清水でよく冷やしたところてんの

澄んだ味の美味しさの記憶は、

娘たちのじいじとの大切な思い出として、

心に刻まれています。

おいしい   とは、

いろいろで、

そのものが澄んでいて舌が喜ぶものもあれば、

思い出とともに、

心で感じるおいしさもあるのだなぁと思います。

f:id:wagashi-okeya:20190607104612j:image

豆かん

 

お水や、心も、

材料のひとつですね。

 

心して、和菓子作りにつとめよう。

 

和菓子教室   おけや

★文月のお稽古のお知らせ★

水田にやわらかな緑の稲が植えられ、清々しい風が抜ける季節になりました。

カエルの合唱も、心地よく耳に入ります。

 

かわって、文月のお稽古の頃には、蓮が花をさかせ、

あたたかい南風が吹く頃でしょうか?

手作りのあんを使って、暑気払いするような涼しげな和菓子を、作りませんか?

 

f:id:wagashi-okeya:20190605170509j:image

●練り切り「うちわ」

青と緑のぼかしをいれ、錦玉のひょうたんを飾って、

涼しげなうちわを作ります。

f:id:wagashi-okeya:20190605170723j:image

●練り切り「もらい水」

茶巾絞りで、季節の花、朝顔をつくります。

菓銘についてもお話します。

f:id:wagashi-okeya:20190605170944j:image

豆かん

天草から、ところてんをつくり、塩豆を蒸し、八重山の黒砂糖を使って黒蜜も手作りします。

時間と手間をかけた分だけ、幸せとなって戻ってくることを、是非、豆かんで体感していただきたいです。

 

〈日時〉7月16日(火曜日) 13:00~15:30

                  ※延長する場合もございます。

〈場所〉児童書籍専門店 ハックルベリーブックス二階    千葉県柏市柏3-8-3

〈内容〉「うちわ」練切

              「もらい水」練切茶巾しぼり

               「豆かん

 ※和菓子は、二個お持ち帰りとなります。

〈持ち物〉・エプロン ・お手ふき ・筆記用具  

・お持ち帰り和菓子をいれる保冷バッグ・保冷剤

〈料金〉3000円(税込)

〈定員〉6名  お席が、残り1席となりました。

〈お申込み方法〉ご参加いただける場合は、下記のメールにお申込み下さい。1〜2日中には、必ず、返信メールを送ります。

wagashiokeya@gmail.com

ガラケーから上記メールアドレスに、送信できないことがございます。ガラケーの方、パソコンからの方、及び上記メールアドレスに送信しても、返信がない場合は、お手数ですが、下記アドレスに送信願います。

wagashiokeya@yahoo.co.jp

〈お申込み内容〉

①お名前  ②当日連絡のとれる電話番号③メールアドレス④ご住所

 件名は、「文月のお稽古申込み」で、お願い致します。

*ご不明な点等ございましたら、上記のメールアドレスまで、遠慮なくご質問下さい。

 

当日は、五感をはたらかせ、心をこめ、

楽しく和菓子を作っていきましょう。

ご参加、心よりお待ちしております。

 

8月は、教室をお休みさせていただきます。

次回は、9月17日(火曜日)長月のお稽古となります。よろしくお願い致します。

 

和菓子教室   おけや

ミネラル

ミネラルが豊富な黒砂糖。

心なしか、夏バテしやすい季節に、

黒砂糖を使ったお菓子は、

よく食べられる気がします。

 

f:id:wagashi-okeya:20190603125449j:image

豆かん

天草をつかったところてんに、塩豆。

八重山の黒砂糖を使って作った黒蜜をかけて。

 

黒蜜をたべると、何だか元気が出る気がします。

f:id:wagashi-okeya:20190604110415j:image

琥珀糖「新月

今日は、新月

月のない漆黒の夜空をイメージして。

八重山の黒砂糖だけを使って、琥珀糖に。

一口で、体にミネラルがしみわたるような滋味溢れるおやつです。

f:id:wagashi-okeya:20190603130053j:image

乾かしている間、つい口に入れたくなり、

家族もそうだったようで、、、

だいぶ、少なくなりました。

 

文月のお稽古では、

ミネラルが豊富な豆かんを作ります。

喉越しがよく、つるっとして、

塩豆の塩気と、黒蜜の美味しさが相まって、

わたしの大好きな夏のお菓子でもあります。

お楽しみに。

 

追伸。

わたしに豆かんを教えてくれたのは、

浅草生まれチャキチャキの江戸っ子の友人です。

浅草の「梅むら」に連れていってもらったのが、

はじまりでした。

それ以来、豆かんのとりこです。

浅草寺の裏にある小さなお店ですが、

豆かんが、本当に美味しいです。

ご興味がありましたら、ぜひ。

 

和菓子教室  おけや