和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

感謝〜さまざまを結ぶ三条〜

一昨日は、雪のないあたたかな三条市にて、

三回にわたるワークショップの最終回でした。

またしても、、、写真がとれず、、、

少しだけある写真を、掲載します。

後日、スタッフさんから、お写真をいただけたら、

改めて掲載させていただきます。

f:id:wagashi-okeya:20200120104148j:image

・花びら餅 

 

冒頭には、贅沢にも、

虎屋文庫顧問 青木先生に、

花びら餅の由来などをお話をしていただきました。

全て身になる内容で、お話が終わった後は、

生徒さまから自然に拍手が溢れました。

青木先生には、貴重なお話をしていただき、

感謝申し上げます。

 

今回は、テーマの一期一会にちなんで、

20名様を5人1班のはじめましての方たちで、

4班で作業していただきました。

花びら餅は、ぎゅうひからつくり、生徒さまも粉まみれになりながらも、力をあわせ、とても上手に作っていました。

漏れ聞こえる生徒さまの声。

「やわらくてきもちいい〜」

女子は、ぎゅうひのさわり心地に弱いです。

ごぼうの香りがする〜」

柏教室でもそうでしたが、皆さん、

このごぼうの香りにとても反応します。

五感を使って作っているということですね!

「みそあんおいし〜」

どうやら、女子は、甘じょっぱいあじにも、弱いのだと痛感しました!

その会話をきいてるだけで、なんだか楽しくなってしまいました。

 

f:id:wagashi-okeya:20200120104049j:image

・きみしぐれ

コーヒーとも相性のよい蒸さないタイプのきみしぐれをご紹介しました。

きみしぐれは、きんとんの落とし方、坊主型を手で押すときの力の入れ具合で、ひとつとして同じものがない、それぞれ、ご自分にしかできないきみしぐれになっていたかと思います。

 

また、今回、各班できみしぐれの菓銘をつけるというお題をだしました!!!

代表者の発表タイムです。

f:id:wagashi-okeya:20200120194958j:image

f:id:wagashi-okeya:20200120195012j:image

f:id:wagashi-okeya:20200120195029j:image

それぞれ甲乙つけがたいすてきなものばかり。

f:id:wagashi-okeya:20200120195136j:image

「火輪」は、黄色の花梨にかけて、

そして、この会場にあふれる輪と、

今年は、情熱を燃やすような五輪、オリンピックもあるので、

この菓銘にしたそうです。

f:id:wagashi-okeya:20200120195052j:image

最後に、ステージえんがわスタッフチームも!

 

とにかく、みなさんの菓銘のすばらしさに拍手がとまりませんでした。

そして、会場に溢れる笑顔と和みの雰囲気があたたかく、大きなひとつの和になっているようでした。

この和には、私にとっても大きな学びがありました。

ご参加の皆様には、心より感謝申し上げます。

一期一会の縁を結び、三回シリーズを結ぶ、

とてもいい最終回となりました。

ありがとうございました。

また、今回、定員にもれ、キャンセル待ちをして下さった方々には、心よりお詫び申し上げます。

 

最後に、今回もステージえんがわのスタッフの皆様の準備、サポートのおかげで、無事におわることができました。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

今までの3回シリーズの和菓子は、応用もできます。

1回目のきんとんや、2回目のじょうよねりきりは、季節により、桜のピンク、夏木立の緑、紅葉のオレンジと、色を変えてたのしめます。

f:id:wagashi-okeya:20200120112734j:image
f:id:wagashi-okeya:20200120112723j:image

一昨日お伝えした、ぎゅうひで、うぐいすもちもできますし、ごまをくわえれば亥の子餅もできます。

f:id:wagashi-okeya:20200120112838j:image
f:id:wagashi-okeya:20200120112829j:image

今後もレシピを自分なりに発展させて、手作り和菓子を日常で沢山たのしんでいただきたいと思います。

 

最後に和菓子を通し、皆様と繋がったご縁に心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya 

追伸

今回は、三条市で人気のチーズケーキ店の店主の方にもご参加いただきました。人柄もとても素敵で、ケーキもとても美味しそうです。

只今、改装中とのことですが、お近くの方は、是非、足を運んでみては、いかがでしょうか?

◼️gouterグテ

http://gouter-gateau.com/about

 

 ★★★今後の教室の予定★★★

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

 皆様のご参加心よりお待ちしております。

雨上がり、、、

今朝は、冷たい雨がふりました。

f:id:wagashi-okeya:20200115151747j:image

●錦玉「薄氷」、みぞれ羹「みぞれ」

 

雨があがり、犬と散歩に。

f:id:wagashi-okeya:20200115160237j:image

キーーンとして、空気がすんで、

ひんやりとして、

でも、お日様はさしていて

とてもきもちよかったです。

雨の後の空は、

いつもみる青空よりありがたくかんじました。

f:id:wagashi-okeya:20200115152057j:image

最近お気に入りの散歩のBGMは、

時には昔の話を♪」。

心に沁み入るような歌です。

歌を聴いて、練り切りを作りました。

f:id:wagashi-okeya:20200115153357j:image

●練り切り「いろどり」

さまざまな色の水玉が、

喜びの涙、悲しみの涙にも見え、
輝く光、沈む光にも見える。

いろいろな想いをこめて。

f:id:wagashi-okeya:20200115152813j:image

散歩後、次女のペンケースと同じ形でねむる愛犬でした(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:wagashi-okeya:20200115152755j:image

豆富本舗「節分豆と鬼のあしあと」

かわいい節分豆をみつけました。

鬼のあしあとがチャーミングですよね。

NHK文化センター柏教室では、
練り切りで、節分の鬼を作ります。
その時に、こちらのお豆も、
お出ししようと思います。お楽しみに!

↓↓↓

wagashi-okeya.hatenablog.com

 週末は、新潟でのワークショップです。

心を込めて努めたいと思います。

よろしくお願いいたします。

↓↓↓

wagashi-okeya.hatenablog.com  

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

★★★今後の教室の予定★★★ 

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

 皆様のご参加心よりお待ちしております。

★弥生のお稽古のお知らせ★

f:id:wagashi-okeya:20200112072439j:image

三月は、様々なものが、芽吹き、花開く、

生命力に溢れるような季節ですね。

そんな花笑むような季節に、手作りのあんを使って、和菓子を、作りませんか?

f:id:wagashi-okeya:20200111100429j:image

●道明寺「桜餅」

道明寺をピンクで染めた時の高揚感、

f:id:wagashi-okeya:20200111145127j:image

道明寺が蒸し上がったときの餅米の香り、

まだほのあたたかいうちにいただく幸せ。

手作りならではを、味わっていただきたいと思います。

f:id:wagashi-okeya:20200111100514j:image

●練り切り「こぶし」

葉っぱに先立って、真っ白な花が咲くこぶし。

春をつれてくるような花を練り切りで。

f:id:wagashi-okeya:20200111100558j:image
●こなし「三色だんご」

そぼくなこなしを使って、ピンクは花、よもぎは葉、あんこは土の順で串にさす三色だんご。お花見には、手作りの団子をふるまってみては、いかがでしょうか?


〈日時〉3月16日(月曜日) 13:00~15:30

                  ※延長する場合もございます。

〈場所〉児童書籍専門店 ハックルベリーブックス二階    千葉県柏市柏3-8-3

〈内容〉上記の通りです。

※和菓子は3種計4個作り、そのうち2個お持ち帰りとなります。

〈料金〉3500円(税込)〈定員〉6名様

〈お申込み方法〉ご参加いただける場合は、下記のメールにお申込み下さい。

wagashiokeya@gmail.com

ガラケー、パソコンの場合は、下記アドレスに送信願います。

wagashiokeya@yahoo.co.jp

〈お申込み内容〉

①お名前 ②当日連絡のとれる電話番号③メールアドレス④ご住所

件名は、「弥生のお稽古申込み」で、お願い致します。

 

ご不明な点などありましたら、遠慮なく上記メールまで、お問い合わせください。

f:id:wagashi-okeya:20200111133707j:image

そのままお花見にいけるような和菓子を楽しく作りましょう。

f:id:wagashi-okeya:20200111130556j:image

●葉に先立って花が咲く「こぶし」

 

皆様のご参加心よりお待ちしております。

 

和菓子教室 おけや 

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

あこがれの花びら餅 虎屋

花びら餅は、作るもので、

私は、あまり、買ったことがないです。

ただ、昨年末の和菓子と歴史のワークショップでの、

花びら餅の話の中で、虎屋の花びら餅は、

美味しいということ、期間限定販売ということをきき、

いてもたってもいられなくなりました。

f:id:wagashi-okeya:20200105151532j:image

●とらや「花びら餅」

新年に赤坂店で、ゲットできました。

餅米をしっかりつかった食べ応えのある皮に、

味噌餡はとても上品で、僅かに香る味噌、

ゴボウも歯固めを意識してか、

食べ応えのある存在感でした。

f:id:wagashi-okeya:20200105152058j:image

宮中の行事食であった花びら餅の説明つきです。なぜ?と思うところが、多い花びら餅。

こうゆうしおりをつけてくださるのは、ありがたいです。

f:id:wagashi-okeya:20200105152809j:image

なお、宮中では、このように開いて、召し上がっていたとか。

白いお餅が丸で陽、

邪気を払う小豆の汁を加えたお餅が菱形で陰、

固いものを食べ長寿を願うゴボウ。

ちゃんと意味のある宮中の行事食を、

包んだ形でいただけるのは、ありがたいですね。

赤坂店は、小正月15日までの販売だそうです。

 

生菓子は、お正月一色で、ねずみのお菓子が、

多くありました。

そんな中、私が釘付けになったお菓子。

f:id:wagashi-okeya:20200105153740j:image

●とらや 湿粉製「望みの春」

まだまだ、来そうで、来ない春の喜びを感じられるこの麗かなお菓子です。

街は、茶や白で、溢れる中、このあざやかな色。

また、しっとりほろりの湿粉の間に緑の羊羹。

たべてもまた、美味しい。

「望みの春」そのものでした。

 

とらや赤坂店は、お正月の室礼に。

f:id:wagashi-okeya:20200105154802j:image

●入り口には、さりげなくお正月のお花。

f:id:wagashi-okeya:20200105154927j:image

鏡餅

f:id:wagashi-okeya:20200105155412j:image

三重県伊勢の二見浦の日の出を模した神々しい羊羹「二見潟」だそうです。

 

新年「初とらや 」は、店内中にハレの日の空気がながれ、とても華やかな時間でした。

 

f:id:wagashi-okeya:20200105160203j:image

お向かい豊川稲荷のありがたい新年のお言葉。

鳳凰の絵入りです。

 

今月の初お稽古は、新潟でのワークショップです。

花びら餅を作ります。↓↓↓

wagashi-okeya.hatenablog.com

野趣あふれるゴボウの香り、

麹たっぷり自家製味噌の甘じょっぱい味、

f:id:wagashi-okeya:20200105162258j:image

できたての柔らかい求肥と、、

手作りならではの幸せ感があります。

どうぞお楽しみに。

 

本年も宜しくお願いいたします。

f:id:wagashi-okeya:20200106115741j:image

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

★★★今後の教室の予定★★★


wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

※三月のハックルベリーブックスさんでのお稽古は、

3月16日月曜日となります。詳細決まり次第、ブログにて、告知させていただきます。よろしくお願いいたします。

教室をはじめてから、感じたこと。

人が放つ光もあるのだということ。

知りたいという探究心、

好奇心の赴くまま与えられるのではなく、

自ら得ようとするエネルギーは、

朝日の光のように、目にはみえないのですが、

確実に「光」として、感じることができます。

そのキラキラの美しいこと。

 

生徒さんが放つ

美しい光に照らされながら、

教室ができることを幸せに思います。

 

f:id:wagashi-okeya:20191230114521j:image
●錦玉、みぞれかん「光」

 

錦玉は、甘いけれど、一口サイズにすると

上品で、沁み渡るひとくちに。

 

お正月の盛り付けアレンジを考えるのも

また、楽しい。

f:id:wagashi-okeya:20191230114540j:image

f:id:wagashi-okeya:20191230114556j:image

f:id:wagashi-okeya:20191231092504j:image

 

今年のはじまりの和菓子は、透明と白。

まっさらな気持ちで。

 

本年も、和菓子教室 おけやを

よろしくお願いいたします。 

 


和菓子教室 おけや   富田 夏絵

 

初笑い

あけましておめでとうございます。

新たな年を迎え、

皆様にとって笑顔溢れる一年に

なりますようお祈り致します。

f:id:wagashi-okeya:20191230113949j:image

●薯蕷饅頭「笑顔」

 

幸せを射止める招福祈願の和菓子を、

まっさらな気持ちで、白にしました。

f:id:wagashi-okeya:20191230114040j:image

●練り切り「破魔矢

 

本年も、楽しく、笑顔溢れる教室に

なりますよう努力したいと思います。

沢山の彩ある和菓子とともに、、、。

 

笑う門には福来る。

本年も、よろしくお願い致します。


和菓子教室 おけや  富田 夏絵

感謝

実は、わたし、亥年うまれの年女です。

ということで、今年最後の和菓子は、

f:id:wagashi-okeya:20191228194017j:image

「亥の子もち」にしました。

 

今年も、猪のごとく、、、

気づけばいつも走っていたように思います。

そして、おかげさまで、

無事に一周年を迎えることもできました。

 

今年、教室にお越し下さった全ての生徒様に、

心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。  

また、会場を提供してくださった

ハックルベリーブックス奥山店長、

陰ながら沢山支えてくれた友人達、

本当にありがとうございました。

 

新たなる年も、

皆さまが、健やかに過ごせますことを、

心よりお祈りいたします。

f:id:wagashi-okeya:20191228161420j:image

●浅草七福神

 

よいお年を。 感謝を込めて。  

f:id:wagashi-okeya:20191228161506j:image

●娘のお友達作 折り紙門松

 

和菓子教室  おけや     富田 夏絵

★最近インスタをはじめました★@wagashi_okeya

★★★今後の教室の予定★★★

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com