和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

秋分〜お萩と、長月のお稽古と〜

十五夜。とても月がきれいでしたね。

f:id:wagashi-okeya:20210923181829j:image

そして、今日は、秋分の日。

亡き父と母に、おはぎを、お供えしました。

母の形見の菓子器にいれて。

f:id:wagashi-okeya:20210923175726j:image

・おはぎいろいろ

スタンダードなこしあん、きなこ。

お口直しならぬ、おめめ直しのおはぎ、

桜の塩漬け、抹茶、栗、青のり。

もはや、おはぎの域を超えた?おはぎ、

赤紫蘇の実、赤紫蘇。

写真にはないですが、すだちの皮入り白あんも、

美味しかったです。

今日は、父と母に想いを馳せて、心を込めて、

おはぎを作りました。

気持ちとどいたかなぁ。

 

さて、先日は、長月のお稽古でした。

f:id:wagashi-okeya:20210923180344j:image

・長月のお稽古「深山の秋」「蕎麦薯蕷饅頭」

f:id:wagashi-okeya:20210923180413j:image

きんとんは、細かいしべコシで、繊細に。
しべコシから落ちる秋色のきんとん。美しかったです。

f:id:wagashi-okeya:20210923180432j:image
みなさん、ふわっととてもお上手につけていました。 

f:id:wagashi-okeya:20210923180447j:image
自作の竹籠をお持ちになった生徒さん。
とても素敵に盛り付けていらっしゃいました。
感嘆の声が、みなさんから湧いていました。

 

秋が深まると、、やりたくなる事。
自分のきんとんに「菓銘」をつけていただくこと。
「秋のつどい」「秋の庭」「房州の秋」「夜長月」
次々に素敵な菓銘を発表。拍手👏拍手👏でした。

 

「和菓子を通して、自分らしさを出していただくこと。」
私は、この教室で、とても大切にしているので、
長月のお稽古の様々な場面で感じられ、とても嬉しい時間でした。

 

蕎麦薯蕷饅頭は、気温が高く、いつも通りに生地が仕上がらず、苦戦しましたが、皆さん、包あんがお上手で割れずに綺麗にできて、よかったです。

ご参加心からありがとうございました。

 

f:id:wagashi-okeya:20210923180628j:image

教室前日。教室で使ってと、
次女が、ワレモコウを買ってきて、
長女が、風船葛を道端から。

 

妹の友人のピアニストさん。優しくて、感性の人。
時に演奏画像、時に老舗の和菓子情報、時に俳句と、いつも和菓子のアイデアになるようなものを送ってくれます。

f:id:wagashi-okeya:20210923180845j:image

長月のお稽古から帰宅すると、、とっても素敵な和菓子グッズが届いていました。とっても嬉しかったです。

是非、教室で、使いたいと思います。感謝。

 

長月のお稽古の表紙は、清少納言枕草子

現代語訳にしました。

f:id:wagashi-okeya:20210923181227j:image

先日、あまりに外の虫の音が綺麗だったので、
家の電気を消して、窓を開けて、虫の音をきくという時を過ごしました。
何個かの感覚を塞いで、ひとつの感覚に集中すると、

より秋を感じる豊かな時となりました。

便利なものがなかった古の時代の方が、ひとつひとつの感覚が研ぎ澄まされていたのだろうなぁということで、枕草子の世界から、秋を五感で感じていただきたくて。

そんな枕草子の言葉をかりると、「秋は夕暮れ」。

f:id:wagashi-okeya:20210923181748j:image
f:id:wagashi-okeya:20210923181745j:image

その通り、、ですね!

秋🍁五感で、味わっていきましょーう。

 

◼️お知らせ◼️

誠に勝手ながら、来年、一月、二月は、教室をお休みさせていただきます。春の桜の季節、三月から再開させていただきます。何卒、よろしくお願い致します。

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

★★★今後の教室の予定★★★

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

紅葉踏む〜落ち葉いろいろ〜

早いもので、落ち葉の季節となりました。

f:id:wagashi-okeya:20210923072358j:image
私も、犬も、落ち葉を踏んだときの
ザクッザクッという音が大好きです。

f:id:wagashi-okeya:20210922235427j:image

・今日のお菓子「秋踏む」
「ほろっ」、「もちっ」が同居する村雨を土、
大納言の甘納豆を落ち葉にみたてて。

秋には、地味なお菓子がぴったりで、大好きです。

f:id:wagashi-okeya:20210922235711j:image

・今日のお菓子「紅葉、黄葉」
日照時間が短くなり、光合成をしにくくなると、
木は、生存のため葉を落とす準備を。
葉に水分がいかなくなると、
黄や赤の色素が顔をだして染まり、
落ちる前に見事に美しく色づくそう。
木と葉の互いを思いやる美しい関係に、
落ち葉が、とても愛おしくなり、お干菓子に🍁。

 

f:id:wagashi-okeya:20210923000402j:image

甥っ子が、きれいな夏と秋みたいな葉っぱを、
近所の神社から、ダイヤでも持っているかように
大切に持ってきて、、
なっちゃん(私😅)におくってーーーと。

なっちゃん、感動で、泣いてしまうーーー。

 

今季最終の赤紫蘇ジュースを作りました。
夏の盛りは、赤紫蘇色なのですが、
秋になるとなぜか、ボルドーに近づきます。
はっとする赤に魅せられて。

彼岸花をイメージして錦玉で。

f:id:wagashi-okeya:20210923005042j:image

・今日の和菓子「曼珠沙華

f:id:wagashi-okeya:20210923005318j:image

彼岸花

娘が通った手作り絵本教室の先生の大好きなお花。
天国へ旅立ったご主人へのラブレターのような絵本、

ご主人との馴れ初めの絵本、

いまだ、亡きご主人への絵本を作る素敵な先生。
先生が彼岸花を好きな理由が、わかりました。
花言葉は、「想うはあなた一人」。くぅ〜🥰

f:id:wagashi-okeya:20210923064336j:image

毎年、春分秋分のこの時期に、先生から、彼岸花をテーマにしたお便りがきます。

また、今年も嬉しいお便りがきました!

◼️お知らせ◼️

誠に勝手ながら、来年、一月、二月は、教室をお休みさせていただきます。春の桜の季節、三月から再開させていただきます。何卒、よろしくお願い致します。

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

★★★今後の教室の予定★★★

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

★師走のお稽古のお知らせ★一クラス新規追加しました。

師走のお稽古は、全て満席となりました。

お申し込みありがとうございました。

尚、キャンセル待ち希望の方は、下記の申し込みメールまで、お問い合わせ下さい。

よろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

師走の頃は、橘の実が黄色く色づき、

夜空にオリオン座が美しく見える頃でしょうか。

f:id:wagashi-okeya:20210911154626j:image

そんな季節をきりとって、和菓子を手作りしませんか?

f:id:wagashi-okeya:20210911155009j:image

・花びら餅

年始にいただく吉祥の和菓子です。

f:id:wagashi-okeya:20210911155139j:image

赤ちゃんの頰のように柔らかい、できたての求肥、野趣溢れるごぼうの香り、自家製味噌を隠し味につくられた味噌あんの甘じょっぱいお味のハーモニーを、是非味わっていただきたいです。

また、紅白の包装をして、年始の贈り物にも、おすすめです。ハレノヒのお菓子は、是非、手作りで!

f:id:wagashi-okeya:20210911155527j:image

・自家製味噌2021〜只今、発酵中。

今年も自家製味噌を、作りました。只今、発酵中のものを開いて覗き見。いい感じで、発酵してます。

年末には、出来上がり予定です。花びら餅の味噌餡に、自家製味噌は、かかせない隠し味です。

 

f:id:wagashi-okeya:20210912165056j:image

・粟ぜんざい

ことこと煮た粒あん
ぷちぷち、もちもちの粟にかけて。
寒い冬に、芯からあたたまり、ほっこり。
ぷちぷちしていて女子はみんな、すきですね。

お正月にも是非お試しください。

〈日時〉①12月3日(金曜日)13:00〜15:30

                  →満席となりました。

      お申し込みありがとうございました。

    ②12月11日(土曜日)13:00〜15:30

     →満席となりました。

      お申し込みありがとうございました。

               ③12月19日  (日曜日) 13:00〜15:30    

                   →満席となりました。

      お申し込みありがとうございました。

            ※延長する場合もございます。

 

〈場所〉児童書籍専門店 ハックルベリーブックス二階    千葉県柏市柏3-8-3

〈内容〉上記の通りです。

※花びら餅は、出来上がったものを二個お持ち帰りしていただきます。     

※粟ぜんざいは、粒あん、もち粟、切り餅をお持ち帰りしていただきます。       

〈料金〉3500円(税込)〈定員〉各回4名様

〈持ち物〉お茶、お菓子をお持ち帰りする手提げ袋、お手拭き、マスク、エプロン、

〈お申込み方法〉ご参加いただける場合は、下記のメールにお申込み下さい。

wagashiokeya@gmail.com

ガラケー、パソコンの場合は、下記アドレスに送信願います。

wagashiokeya@yahoo.co.jp 

〈お申込み内容〉

①お名前 ②当日連絡のとれる電話番号③メールアドレス④ご住所⑤参加希望日

件名は、「師走のお稽古申込み①」か、「師走のお稽古申込み②」か、「師走のお稽古申し込み③」で、日程を①か②か③で、記入をお願い致します。

*ご不明な点等ございましたら、上記のメールアドレスまで、遠慮なくご質問下さい。

 

また、コロナ禍におけるルールを、下記の通り徹底させていただきます。必ず、ご一読をお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●講座の定員は、以前の8名→4名になります。

●テーブル・備品のアルコール消毒の徹底を致します。

●講座の際、参加者全員のマスクの着用、作業時の手袋の着用をお願い致します。(手袋は、こちらでご用意致します。)

●始まる前の自宅での検温をお願い致します。

●発熱・咳の症状がある等、体調がすぐれない場合は受講をご遠慮ください。その際、キャンセル料金は、かかりません。

●講座前の石鹸での手洗いと手指のアルコール消毒をお願い致します。

●講座中に換気を行います。

●しばらく、試食は、行いませんので、お茶をご持参下さい。

●お菓子は、お持ち帰りのみとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のご協力を、よろしくお願い致します。

f:id:wagashi-okeya:20210911170109j:image

師走の慌ただしい中ではありますが、

五感を使い、時季の和菓子を作って、

楽しいひと時をご一緒できればと思います。

ご参加を心よりお待ちしております。

 

誠に勝手ながら、来年、一月、二月は、教室をお休みさせていただきます。春の桜の季節、三月から再開させていただきます。

何卒、よろしくお願い致します。

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

★霜月のお稽古のお知らせ★一クラス新規追加しました。

霜月のお稽古は、全て満席となりました。

お申し込みありがとうございました。

尚、キャンセル待ち希望の方は、下記の申し込みメールまで、お問い合わせ下さい。

よろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月は、紅葉や蔦が黄色くなり、朽ちていくものの美しさを感じる季節ですね。
山粧う季節を感じながら、和菓子を手作りしませんか?

f:id:wagashi-okeya:20210911134235j:image

つぶらな瞳のとらちゃん。来年の干支は、寅です。

ということで、お年賀にお持ちいただこうと、白あんから心を込めて作り、更に、虎焼きをつくります。

f:id:wagashi-okeya:20210911134858j:image

・白あん

透明感があって、お口の中で、すぅっーっと、

溶ける白あん。手作りは、また、格別です。

当教室でも、白あんのレッスンは、はじめてです。

この機会をお見逃しなく!

f:id:wagashi-okeya:20210911135803j:image

f:id:wagashi-okeya:20210911140452j:image

・どら焼き(小豆粒あん、栗入り)とら焼き(白あん)

どら焼き、とら焼き、、しっとりするための隠し味や、焼く時のちょっとしたコツ、虎焼きの時に使う紙の種類、、などなどお伝えしたいと思います。f:id:wagashi-okeya:20210911135806j:image

来年のお年賀は、来年こそ、平和な世の中なってほしいと願いながら、ご自分で心を込め作った白あんで、虎焼きを贈ってみては、いかがでしょうか?

 

また、11月は、おけやのオープン記念の月となります。おかげさまで、3周年、4年目を迎えることと、なります。

感謝の気持ちを込めて、私が、和菓子に惹かれるきっかけとなったお菓子を、気持ちですが、お配りしたいと思います。お楽しみに。

 

〈日時〉①11月1日(月曜日)13:00〜16:00

    →満席となりました。

     ありがとうございました。感謝。

               ②11月10日(水曜日)13:00〜16:00

    →満席となりました。

     ありがとうございました。感謝。

    ありがとうございました。感謝。

       ③11月14日 (日曜日)13:00〜16:00

    →満席となりました。

     ありがとうございました。感謝。

 

〈場所〉児童書籍専門店 ハックルベリーブックス二階    千葉県柏市柏3-8-3

〈内容〉上記の通りです。

〈料金〉3500円(税込)〈定員〉各回4名様

※お菓子は、どら焼き二種各一個と白あんをお持ち帰りしていただきます。

〈持ち物〉お茶、お菓子をお持ち帰りする手提げ袋、お手拭き、マスク、エプロン、筆記用具

〈お申込み方法〉ご参加いただける場合は、下記のメールにお申込み下さい。

wagashiokeya@gmail.com

ガラケー、パソコンの場合は、下記アドレスに送信願います。

wagashiokeya@yahoo.co.jp

〈お申込み内容〉

①お名前 ②当日連絡のとれる電話番号③メールアドレス④ご住所⑤参加希望日

件名は、「霜月のお稽古申込み①か②か③」日程を①か②か③で、記入をお願い致します。

*ご不明な点等ございましたら、上記のメールアドレスまで、遠慮なくご質問下さい。

 

また、コロナ禍におけるルールを、下記の通り徹底させていただきます。必ず、ご一読をお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●講座の定員は、以前の8名→4名になります。

●テーブル・備品のアルコール消毒の徹底を致します。

●講座の際、参加者全員のマスクの着用、作業時の手袋の着用をお願い致します。(手袋は、こちらでご用意致します。)

●始まる前の自宅での検温をお願い致します。

●発熱・咳の症状がある等、体調がすぐれない場合

または、ご家族に症状がある場合は、受講をご遠慮ください。その際、キャンセル料金は、かかりません。

●講座前の石鹸での手洗いと手指のアルコール消毒をお願い致します。

●講座中に換気を行います。

●しばらく、試食は、行いませんので、お茶をご持参下さい。

●お菓子は、お持ち帰りのみとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のご協力を、よろしくお願い致します。

f:id:wagashi-okeya:20210911143827j:image

様々な木々が色づく季節、五感をつかって、

楽しく和菓子作りをしましょう。

ご参加を心よりお待ちしております。

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

重陽の節句〜長月のお稽古①〜

今日、9月9日は、重陽節句

菊の節句で、長寿を祈る日です。

さらに、その昔には、収穫祭の意味合いがあり、

栗の節句とも呼ばれ、栗ご飯などで祝い、

感謝を捧げたとも言われています。

そんな栗の節句にぴったりのお菓子をいただきました。

f:id:wagashi-okeya:20210909184411j:image
今日の和菓子「とらや 重陽

見た目。かわいくてよし!

味。桃山に栗あん、文句なし!!

そして、コーヒーとの相性よし!!

もう、幸せ。天国行きでした。ごちそうさまでした。


昨日は、長月のお稽古でした。

f:id:wagashi-okeya:20210909184446j:image

長月のお稽古「深山の秋、栗入り蕎麦薯蕷饅頭」。

f:id:wagashi-okeya:20210909184458j:image
教室の準備完了。

生徒様が、訪れるまでの静寂とよーしという気持ちが

入り混ざるお気に入りの時間。

f:id:wagashi-okeya:20210909184543j:image
薯蕷饅頭は、和菓子の中でも、包あんがとても難しいです。更に、昨日は、蕎麦粉も入っているので、格段難しかったと思いますが、皆さん、いい集中で、包あんを。

焼印も、迷いなく!とても綺麗に押せました。

きんとんは、瞬間で、あんにつけていくものなので、

その方がお菓子にでていたように思います。

個数を重ねる毎に、みるみる上達し、好きこそものの上手なれと、つい、思いました。

f:id:wagashi-okeya:20210909184636j:image

今年は、コロナでステイホームということで、

家でほっこりするお三時のお菓子を、追求して、

教室で楽しんできました。

昨日、オレンジと黄色の練り切りが、はらりと、そぼろでおちるときの美しさをみて、改めて、ハレノヒの彩の和菓子の美しさにハッとしました。
来年は、コロナ明けも願って、華やかな練り切りのお稽古も増やしたいなどと思いました。

f:id:wagashi-okeya:20210909184749j:image
いつも、お重持参の生徒様。

f:id:wagashi-okeya:20210909184757j:image

ハニワの手ぬぐいも持参で、お饅頭をくるりと包んで。

古くからある日本のよき風習を、

日常に組み込まれているのが、素敵だなぁと。


秋を切り取った和菓子のお稽古、

オレンジ色と黄色みたいな、、、

和気藹々ととてもまぁるい楽しい時間となりました。

ありがとうございました。


教室に、和菓子道具を運ぶのは、いつも、スーツケース。新潟、つくば、横浜、地元柏と、どこまでも一緒に頑張ってくれた一代目くんは、ついに、ローラーがこわれてしまいました。教室のいろんな時を運んでくれて、感謝。

f:id:wagashi-okeya:20210909184821j:image

昨日は、二代目くんのデビュー。

新しい相棒くん、たのんだぞ。

 

昨日は、帰宅後、妹から、地元、新潟三条市

渡辺果樹園さんの葡萄がたくさん!

中でも、私が、好きなのは、、。

f:id:wagashi-okeya:20210909185205j:image

・我が道、シャインマスカット

常に努力を重ねる葡萄作りをされていて、

磁場、水質、土壌を改良したり、モーツァルト

きかせ樹液の流れをよくしたり、新しい品種を

とりいれたり、本当に毎年進化をされています。

その我が道を追求した努力が、今年、

農林水産大臣賞をとる形で実りました。

その葡萄の味は、芳醇で口の中で弾け、幸せそのもの。

常に慢心せず、進化をとげていく姿、見習いたいなぁと思いながら、葡萄から、しあわせとエネルギーをチャージしました。感謝。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ここのところ、携帯の不具合で、メールの通知が届かず、何名様かのメールに気づかず、大変ご迷惑をおかけしました。昨晩、機能を復活させましたが、もし、また、私からのメールの返信がない場合は、お手数ですが、お稽古予約時にお伝えしました携帯の電話番号まで、ご連絡いただけたらと思います。大変、ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

★★★今後の教室の予定★★★

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

 

白露〜草の露白し〜

大気が冷えて、露を結ぶ頃、

草におりた露が白く光ってみえます。

f:id:wagashi-okeya:20210909180602j:image

朝夕の涼しさ、夜の虫の音は、

秋の訪れを感じさせます。

 

秋の訪れを感じる秋一番。

f:id:wagashi-okeya:20210909180805j:image

毎年恒例の大好きな「鶴屋吉信 栗まろ」

私は、背筋を伸ばして漆の器で。

f:id:wagashi-okeya:20210909180818j:image
娘達は、雲がプカプカ浮かぶ秋空をイメージして、

カジュアルに空色の器で。


栗まろを、好きな理由。

それは、中にとっても大きな栗が入っているところ。

f:id:wagashi-okeya:20210909180841j:image

一口食べると、幸せで、一気に秋を連れてきます。

栗のお菓子は、和菓子の王様で、夢みたいなものだなぁと、

いつも思います。

まずは、「栗まろ」に秋の幸せもらいました。感謝。

 

秋の風に消えかけた夏が混在するような風が吹く時、少し物悲しいような感じがします。

一言でいうと、残響というイメージです。

そんな空気を纏って、夏、つくりそこねた葛餅を。

f:id:wagashi-okeya:20210909181326j:image

今日の和菓子「くずもち」

出来立てのもっちもっち、ぷっるぷるに、

トロリとした黒蜜と、香ばしい黒豆きな粉をかけて。

葛餅は、寒くなってこたつで、食べるのも美味しいです。 

手作りならではの出来立てを是非。


先日、映画「HOKUSAI」を見ました。

晩年の長野にて、映画上の北斎のセリフですが、、

「この目に言葉が見える。絵を描きたい」

と一心不乱に描いた波の絵。

 

幕府に逆らう絵師は、罰せられるような時代。


あの代表的な波の絵。

その胸中にある鬱積したものが、

何かの強いエネルギーに変わって踏襲されているから、

心を打つのだなぁとあらためて思いました。

そして、長年、描いてきた富士山がとても、小さく、

そして、波にのまれそうになっているところにも、

何か、メッセージを感じます。

f:id:wagashi-okeya:20210909181414j:image
心を描く。

写実的なものだったら、技術を磨けば、

ある程度到達できるのかもしれませんが、、

やはり、人の心を打つのは、その人の心なんだなぁと、

映画「HOKUSAI」を見て感じました。

ところで、北斎の波の絵に触発され、黒蜜を北斎の波のように。

f:id:wagashi-okeya:20210909181509j:image

「KUZUMOCHI」

まねるには、1000年早かったようです、、。

修行します。

 

f:id:wagashi-okeya:20210909181715j:image
新潟から、稲穂の画像が!

稲が黄金色になるちょっと前の、こうべを垂れたグリーン。

秋の始めの美しい瞬間です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ここのところ、携帯の不具合で、メールの通知が届かず、何名様かのメールに気づかず、大変ご迷惑をおかけしました。昨晩、機能を復活させましたが、もし、また、私からのメールの返信がない場合は、お手数ですが、お稽古予約時にお伝えしました携帯の電話番号まで、ご連絡いただけたらと思います。大変、ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

★★★今後の教室の予定★★★

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

 

送る夏

私の夏の和菓子の定番。

f:id:wagashi-okeya:20210831013740j:image
・今日の和菓子「豆かん
今年は、数えられないくらい沢山作りました。
この夏最後の豆かん

f:id:wagashi-okeya:20210831013811j:image
地元、櫻木神社で祈祷された、特別な禊ぎの天草を使って。

f:id:wagashi-okeya:20210831013840j:image

塩豆は、いつも土鍋の蒸し器で。芯まで柔らかく。
三重の陶芸家をお父様にもつママ友からの土鍋。
教室の山芋やかぼちゃも、この蒸し器で。
何だか優しい味になる気がします。

f:id:wagashi-okeya:20210831014044j:image

私のあんみつ、豆かんは、沖縄の仲宗根黒糖さん
の黒糖がないとはじまらない!
地釜でじっくり一人で煮詰めた真っ直ぐな黒糖。
この夏、沢山使わせていただいた感謝をとじこめて、
黒蜜を作りました。

この夏は、飲むと元気になる赤紫蘇シロップも、
沢山作りました。

f:id:wagashi-okeya:20210831014136j:image
かんてんにも、かけて、さっぱりと。
赤紫蘇も、秋に向かうと色がかわり、
ボルドーに近づく気がします。

豆かん。あんみつ。悔いがないくらい作りました。
これで、夏を和菓子に閉じ込め、悔いなく、
少しずつ秋の和菓子へ移行していきたいと思います。

そんな夏の和菓子を作り終え、
いつもより遅くなった犬の散歩。

f:id:wagashi-okeya:20210831014224j:image
何と!サプライズ花火が!
夏から最後にプレゼントをもらったみたいです。
感謝、感謝。


そして、毎夏、必ずつくるものの真打ち。

f:id:wagashi-okeya:20210831014416j:image
・今日の和菓子「水羊羹2021」

f:id:wagashi-okeya:20210831014436j:image

夏の餡炊きは、沸騰いえいえ通称 地獄谷との闘い。

f:id:wagashi-okeya:20210831014518j:image

艶のある水羊羹用のこし餡ができました。

水羊羹。相当、長いことつくっているので、
私の妹、娘二人の計三人は、水羊羹にとてもうるさいです。

毎年、少し変化をいれたくなる私。
あの三人は、それを必ず、嗅ぎ当てます。
いつだったか、5gしか入っていない、葛粉を、
本わらび粉に変えた時が。
「このプルンプルンは、何?」
わたし。汗。
5gの変化を嗅ぎ当てる三人。恐るべしです。

今年の変化は、、
今まで、寒天液に三温糖と和三盆を加えていたものに、
すこしピュアさを出したくて、、

f:id:wagashi-okeya:20210831014559j:image
寒天液に、上白糖と少しの黒糖、和三盆にしてみました。

出来上がってみると、、
ピュアな味には仕上がりましたが、
娘曰く「味に深みがない!!あの三温糖の雑味があるから、味が奥深くなるんだよー。」
わたし。汗。

水羊羹、雑味があったほうが、奥深くなるのですね。
人間も、光とともに、少し雑味や影がある人の方が、
光だけの人よりも魅力的ですよね。
水羊羹に、いろいろを学びます。

後日。

f:id:wagashi-okeya:20210831014654j:image

三温糖と和三盆で、水羊羹作り直しました。

f:id:wagashi-okeya:20210922130611j:image

・「水羊羹2021コンプリートバージョン」

かのお三方も納得の味。

この組み合わせは、口の中で、

初めに感じた味が、もう一段階変化していきます。

やっぱり、このしみじみした味が、心を掴みます。

これが、奥深さなのだなぁ。

ゆうならば、どこまでも透きとおっている前回の、

水羊羹は、綺麗で、ニュートラルで、みんなに寄り添えるモーツワルトみたいな水羊羹。

雑味を加え、口の中で味が変化し、しみじみとした郷愁に心が掴まれる今回の水羊羹は、心に入って感情を揺らがせるパッションのベートーベンみたいな水羊羹。

ちなみに、あのお三方のコメント。

レシピは、ほぼ完成形だから、あとは、こしきの

メッシュで喉越しの微調整と、切り口の包丁さばきだね!だそうです😅

ひーー。水羊羹奥深し。

f:id:wagashi-okeya:20210831014854j:image

また、豆かんに、水羊羹を作りました。

妹、友人達に、最後の夏を贈りました。

 

「送る夏」は、私にとって「贈る夏」だったようです。

 

f:id:wagashi-okeya:20210831015438j:image

大好きなスイカ

もう、おわりだなぁ。

f:id:wagashi-okeya:20210831015403j:image

夏の虫食い葉っぱと、
秋っぽくなってきた夕暮れ。

少し遠くにいる秋が始まりだすと、、
栗蒸し羊羹、栗の茶巾、着せ綿、、
また、秋を追いかけるのに忙しくなります。
全力でおいかけよう🍁

※今回、同時に二つ投稿をしております。一つ前の、

「稲穂実る〜葉月のお稽古②」も覗いていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回長月のお稽古にご参加の皆様へ。

次回長月のお稽古は、今のところ、感染対策に十分気をつけて、開催の予定でおります。

尚、不安を抱く方は、キャンセル料はかかりませんので、早めのキャンセルをご連絡ください。
また、万が一、開催に変更がある場合は、当ブログにて、お知らせさせていただきます。
よろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

★★★今後の教室の予定★★★

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com