和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

半夏雨〜はんげあめ〜

しとしと雨の日が、続きますね。

 

f:id:wagashi-okeya:20200703001656j:image

●みぞれ羹「水の面〜はす、山椒、鬼百合」

しとしと雨の粒が降り注ぐ水面。
雨の日は、少し憂鬱になりますが、、
こんな風に、
水溜りの水面に落ちた花びらや木の実をみつけると、
小さな宝探しみたいで、
心が晴れる気がします。

 

昔、母がこの季節になると、庭に咲いている鬼百合をバサッといけていました。

生け花の先生なのに、大胆にいけるなぁと思いましたが、鬼百合は、有るようにバサッとがいいと、今になって納得。

鬼百合は、母を思い出すお花のひとつです。

 

先日のお散歩で。
野良猫ちゃんと、睨み合いの愛犬。
野生で自立して生きている野良猫ちゃんの
キリッとした目。ノーブルな佇まい。

f:id:wagashi-okeya:20200703002333j:image
無言で、「去りな」って言っているみたいで、
愛犬後退り。

f:id:wagashi-okeya:20200703002415j:image
凛々しい目が、いつまでも、印象に残りました。

 

f:id:wagashi-okeya:20200703002536j:image

●お干菓子「凛々」

ゆりは、英語でLily。
鬼百合と、野生の猫ちゃんの凛々しい目。
何だか同じものを感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吉野羹で、七夕のお菓子を。

f:id:wagashi-okeya:20200703002813j:image
●吉野羹、みぞれ羹「かささぎの橋」

かささぎの橋を渡って、
一年に一回の逢瀬をイメージして

ぷるんと弾力のある吉野羹。上品です。

f:id:wagashi-okeya:20200703003331j:image

いつかの夏の夜空。
そよぐ風も優しくて、爽やかでした。

低空の天の川に見えるのは、私だけでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日出かけた帰り道、デパートに少し寄りました。

鶴屋八幡の季節の上生菓子を。

f:id:wagashi-okeya:20200703003739j:image
●山百合

嬉しいことに、、

大好きなねじ花のお菓子に出会えました!

f:id:wagashi-okeya:20200703003833j:image

●ねじ花

ねじ花を和菓子にするなんて、、
洒落てますよね。

可愛らしくも、儚げな小さきものに、気づける感性。

私も、そうありたいです。

勉強になりました。

f:id:wagashi-okeya:20200703003924j:image

それと、山田屋の人形焼!!
以前、錦糸町でピアノリサイタルをする友人に、
通りががりで絶対美味しいオーラを放っていた
山田屋の人形焼を差し入れしました。
いつか、私も食べたいと思っていたら、、
催事できていました!!食運ありです。
蜂蜜を感じる生地は、ふわふわで軽やか。
美味しいこし餡。
幸せの味でした。


幸福、口福なひとときでした。
よきアウトプットに変えたいと思います。

 

f:id:wagashi-okeya:20200703005816j:image

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya