和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

どら焼き完。〜霜月のお稽古③〜

人生は、順風と逆風をいったりきたり。

この教室という一点に集まってくださる方々も、
口にはだしませんが、
その組み合わせの重なりなのかなぁと、
ふと思う出来事が、一昨日の霜月のお稽古③で。

f:id:wagashi-okeya:20211116070105j:image

・今日の和菓子「あんみつ」

教室で作ったあんみつが、ある生徒さんの逆風の中、
小さな喜びになったお話をきき、
胸にひびき、涙が出ました。
心を癒し、ほどくような和菓子と皆様を繋ぐ
楽しい場所でありたいと、常々思っていますが、
それが、少しできていたのかなぁと。 

f:id:wagashi-okeya:20211116070216j:image

・つやっぽくできたこしあん
いつも、教室のあんこを炊くときは、
柏手をたたいて、心を込めて作ります。
出来が気に入らないと、
どんなに時間がなくても作り直しを。
たまに、命けずっているなぁなんて思うことも。
でも、一昨日のお話で、やはり、
心を込めて、心を癒し、ほどくような、
和菓子作りをまじめにしていこうと、
改めて、思いました。
ご縁に心から感謝です。

 

さてさて。

f:id:wagashi-okeya:20211116010702j:image

晴天の一昨日は、霜月のお稽古3回目でした。

f:id:wagashi-okeya:20211116010833j:image

おもたせ用に、箱に盛り付けてみました。
どら焼きと手作り白あん、
是非、大切な方への贈り物に作ってみてください。

f:id:wagashi-okeya:20211116071528j:image

生徒さんのどら焼き大集合。
みなさん、とても上手にどら焼きを焼けました。
左上 クリスマスの布巾に包んで。かわい。
右上 マリトッツォ風に。かわいい。
どら焼き。
同じ工程でも、焼き方、どら焼きの包み方に、
その人らしさが、でていて、
それを覗くのも楽しいひとときでした。
和菓子を通して、自分をだすこと。ウェルカムです! 

f:id:wagashi-okeya:20211116011005j:image

白あんたき。
出来立てをスプーンで🥄。
豆の味がぐんと前にでる出来立てのおいしさを。

f:id:wagashi-okeya:20211116011042j:image

どら焼きも同じ鍋で何人かで焼き、
地獄谷のようにはねる白あん作りも共有し、
和菓子作りを通し、ひとつになって、
楽しいひとときを過ごせたように思います。

 

今回ご参加の生徒さまは、皆さん、積極的に、

様々な習い事や、活動をされている方々。

みなさん、内側から発光してキッラキラです。

 

見た目の美しさは、ある程度の年齢がきたら、

若い頃よりは、衰えていきます。

外見の何かを消すというよりは、その分知性をひとつ増やせば、内面から美しくなれるのだなぁと。

知性をもってして、年齢を魅力にかえたら、

それが、人生を生きる魅力になるのだなぁと。

エネルギッシュな生徒さんをみていて感じます。

f:id:wagashi-okeya:20211116070533j:image

生徒さまの自宅にて作られた和菓子。

「蕎麦薯蕷饅頭、栗こなし、豆大福」

中あん、塩豆から、ぜーんぶ手作りです。

ご本人が宿るような和菓子です👏👏👏

どんどん、ご自分らしい和菓子を追求していただきたいなぁと、思います。

f:id:wagashi-okeya:20211116070930j:image

自宅にて、作り納めのどら焼き。

朝日を浴びて、もはや、愛しい、、笑。

f:id:wagashi-okeya:20211116071051j:image

生徒さまからいただいたどら焼きの封筒。

かわいい。

本当に様々を感じる多感な霜月のお稽古でした。

これにて、どら焼き完。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

◼️お知らせ◼️

誠に勝手ながら、来年、一月、二月は、教室をお休みさせていただきます。春の桜の季節、三月から再開させていただきます。尚、来年三月の告知は、今年の十二月頃、当ブログにてさせていただきます。

何卒、よろしくお願い致します。

              和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya

★★★今後の教室の予定★★★

 

wagashi-okeya.hatenablog.com