和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

ふくろう展

お彼岸に開花した白い彼岸花

花言葉は、「またあう日を楽しみに」だそう。

f:id:wagashi-okeya:20200922104246j:image

 

教室の会場として、お世話になっているハックルベリーブックスさん。
10周年のお祝いのイベント、ふくろう展が、はじまりました。

 

早速、私も、、和菓子を差し入れ。

f:id:wagashi-okeya:20200922002904j:image

まずは、栗の甘露煮を煮て。

f:id:wagashi-okeya:20200922002918j:image 

あんこを仕込んだら、、。

作るのは、あれしかない!

f:id:wagashi-okeya:20200922003018j:image

みんな大好き!「栗蒸し羊羹」

それから、名残の天草で、、

f:id:wagashi-okeya:20200922002800j:image

「秋のあんみつ」

f:id:wagashi-okeya:20200922002747j:image

手作りの塩豆、栗の甘露煮をつめて。

そして、今回の主役。

f:id:wagashi-okeya:20200922003320j:image
ふくろうの焼印を押した、、

f:id:wagashi-okeya:20200922003342j:image

「栗饅頭」。

 

f:id:wagashi-okeya:20200922003443j:image

地元柏市で人気のお花やさん、moora mooraさんで、とても素敵に、アレンジしていただいたお花と共に、贈りました。

 

先日、奥山店長の絵本の書評の切り抜きを

いただき、娘と読みました。
娘は、奥山店長のように、
普段、寡黙な方の文を読む前は、
この人がどんなことを 

考えているのだろうと思うと、
ドキドキするらしく、

一心に読んでおりました。

 

コミュニケーションしなくとも、
その人の書いた文を介して、
考え方を感じ、
より深く相手を感じるということ、、
ありますよね。

 

そんな、奥山店長の込められた思いの端々に、
吸い寄せられて、繋がってきた
ハックルベリーブックスさんの10年の歩み。
心より、祝福します。
おめでとうございます。

f:id:wagashi-okeya:20200922002706j:image

奥山店長のため、

絵本作家さんたちが作られた
オンリーワンの作品の集うふくろう展。

ふくろうにこめられた思いが、福となって、

幸せに満ち満ちている空間でした。
とても、素敵でした!!
お近くの方は是非!!


これからも、ハックルベリーブックスさんが、
奥山店長と、本を通して、
沢山の方や、福が集う場所でありますように!

 

因みに、皆さんで和菓子を食べていただき、、

ふくろうの焼き印の栗饅頭が、

大好評だったそうです。嬉しいなぁ。
奥山店長から素敵な言葉をいただきました。

『みなさん和菓子を「日本人でよかった~」と堪能していましたが,やはり,和菓子の世界は,心のふるさとのような感じで,人々をつなぐなぁと思いました。』

染みるお言葉。ずっと大事にしたいです。

 

ハックルベリーブックスさんにお伺いした翌日。

f:id:wagashi-okeya:20200922105108j:image

お散歩にて、木のこぶに、ふくろう✨発見!!ビックリ!!

 

f:id:wagashi-okeya:20200922105331j:image

秋の優しい風と木漏れ日の中、

よちよち歩きの女の子を追いかけるお母さん。とても、微笑ましい光景でした。

 

和菓子教室 おけや

★インスタはこちら★→@wagashi_okeya 

★★★今後の教室の予定★★★ 

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

 暫くは、少人数、小規模の教室となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。