和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

水羊羹の命は、、、

先日は、春の大嵐で、

皐月のお稽古が中止になり、

生徒様には、大変ご迷惑をおかけしました。

私も、沢山の楽しいことや、お話を、

用意していたので、とても、残念でした。

 

水無月のお稽古は、せめて、しとしと雨で、

あってほしいと願います。

皐月のお稽古で、お出ししたかった新茶を何種か、

ご用意します。お楽しみに。

 

f:id:wagashi-okeya:20190529125450j:image

水羊羹

季節はずれの暑さには、やはり、水羊羹。

手作りの餡で、細かいこしきでこして、

丁寧に作ると喉越しのいい最高のおやつになります。

 

エッセイの題材にするほど水羊羹が大好きだった

向田邦子さん。

そのエッセイ「水羊羹」で、水羊羹の命は、、、

宮本武蔵眠狂四郎が、スパッと水を切ったらこうもなろうかというような鋭い切り口」や「薄墨色の美しさ」と、述べています。

水羊羹をつくると、いつも、向田邦子さんのこの言葉が浮かんでしまいます。

ここまで、水羊羹を愛して、

心をこめて作り、

器、お茶、BGMにまで気を配って、

心していただきたいものです。

 

★お知らせ★

水無月のお稽古は、満席となりました。

ありがとうございました。

f:id:wagashi-okeya:20190529131652j:image

●6月15日新潟県三条市のワークショップは、

残り2席となりました。

ご参加心よりお待ちしております。

f:id:wagashi-okeya:20190529173108j:image

 

和菓子教室   おけや