和菓子教室 おけや

千葉県柏市にて和菓子教室 おけやを主宰しております。季節の和菓子と皆様を繋ぐ場所になれれば、嬉しく思います。

秋をまちわびて

秋を待ちわびて、いただくもの。

f:id:wagashi-okeya:20190928180903j:image

鶴屋吉信「栗まろ」

見た目もかわいい薯蕷饅頭。中には、こしあんと贅沢にも栗一粒!焼印でその年の年号が入ると、新栗を使っている合図に。

今年はもう、新栗です!ワクワク。

f:id:wagashi-okeya:20190928181634j:image

● 虎屋「栗粉餅」

この栗粉餅。江戸時代は、お餅に栗の粉をかけて作っていたのが、現在のきんとんのスタイルに発展したそう。

その年にとれた新栗だけを使い、さらに、栗は、イガの中に一つしかはいっていない一粒栗だけを使うそうです。こだわりですね。

ケースをあけるとふわぁーっと栗の香りが!

お口に入れるとほくっとして、栗の味が広がって、

本当に幸せのお味です。

恥ずかしながら、和菓子と歴史のワークショップでだされ、はじめていただきました!

一口たべては、おいしーーーが、とまりませんでした。

f:id:wagashi-okeya:20191001033613j:image

●渡辺果樹園のシャインマスカット

新潟県三条市の渡辺果樹園さんのシャインマスカット。

以前は、千◯屋さんでも、お取り扱いされていた誰もが笑顔になる葡萄です。

この美味しい一房のために、、、

農薬をなるべく使わないように、害虫を駆除するダニを住みつかせ、土は磁場を整えるため、炭をあちこちにいれ、とてもいい気がながれるようにしています。神社のような葡萄棚です。

f:id:wagashi-okeya:20190924161320j:image
そして、成熟期には、モーツァルトを聴かせて、お水にもこだわっています。

本当に手間暇かけて作った一房は、至福のお味で、秋には、必ずたべたくなる笑顔を呼ぶ葡萄です。この葡萄をそだてる渡辺さんのことは、もはや、渡辺先生と呼んでいます!


f:id:wagashi-okeya:20190924163405j:image 

●番外編  栗ご飯

やっぱり、、、これも。

栗ご飯、、、どうしてもたべたくなりますね!

f:id:wagashi-okeya:20190926080312j:image

欲張って秋を感じようと、栗ご飯に大学芋をつくりましたら、娘に、喉が詰まるを通り越して、心臓が詰まると、謎のコメントをされました。(汗)

秋の献立の組み合わせには、気をつけましょう(笑)

そうそう、いも、くり、、、ときたので、

ついでになんきんを。

f:id:wagashi-okeya:20190926085743j:image

●おまけ    おけやのかぼちゃ饅頭

中には、丁寧に裏ごししたかぼちゃのあんを。

娘だけでなく、甥っ子にも好評でした!

いも、くり、なんきんは、みんな、大好きですね!

  

深まりゆく秋に、いただく数々でした。

秋の間に何回たべれるかなぁ?

 

追伸。

甥っ子から、幼稚園で習ったことわざを、大きな声で、教えてもらいました。

「礼も過ぎれば無礼になる。」

無邪気な声と、このことわざの意味のギャップと、身にしみるお言葉に、何だか大爆笑でした。ぷ、ぷ、ぷ。

また、教えてもらおう!

 

和菓子教室   おけや

 

★★★今後の教室の予定★★★

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

ご参加心よりお待ちしています。

 

お彼岸

お彼岸におちょぼおはぎを作りました。

f:id:wagashi-okeya:20190921174048j:image

おちょぼおはぎ

わたしの和菓子の原点は、祖母のつくったおはぎです。

新潟のもち米、手間暇かけたあん。

大きさも握りこぶしくらいで、あんのつけ方も大雑把。それなのに、本当においしくて、 3、4個は、食べていたと思います。

そして、不思議なことに、いつもお供は、お茶ではなく、煮干し出汁のお味噌汁と漬物。子供の頃は、それが当たり前の組み合わせだと思っていました。

今思えば、おはぎは、祖母の愛情をいただくようなものだったかもしれません。

 

月を見るのが好きで、月を見ては、綺麗だぁと感動していた祖母。

月に感謝しながら、おちょぼおはぎをいただきます。

f:id:wagashi-okeya:20190920080916j:image

●萩の花

 

しかし、、、おちょぼで足りるのかな?

私も、祖母も。(笑)

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

20日に、新潟県三条市 三条別院にてあかりコンサートがあり、参加してきました。

f:id:wagashi-okeya:20190921154104j:image

●会場の三条別院 本堂

今回は、地域の五穀豊穣を祈った伝統的な舞、三条別院声明会による勤行、三条太鼓、地元コーラスの合唱という地域の融合舞台に加え、後半は贅沢にも声楽家のIL DEVEさんの歌声を存分に堪能するというとても、贅沢なコンサートでした。

f:id:wagashi-okeya:20190921154219j:image

●三條太鼓 三小相承会

灯りにともされ、地域の祈りと愛に満ちたあたたかくて、とても豊かなコンサートでした。

f:id:wagashi-okeya:20190921174851j:image

●練り切り「灯火」

このあかりコンサートの運営に携わっていたのが、声楽家でもある私の妹ですが、、この妹、お茶も嗜んでおります。本人いわく無駄の宝庫(笑)。

実は、和菓子教室   おけやの一周年記念の会でお茶の教授と紹介している、つい舌を噛んでしまいそうなとても長い名前(笑)の一水庵昌麗先生とは、私の妹です。

地元新潟で合唱を教え、沢山の生徒さんに愛に満ちた音楽を通して、楽しさや豊かさなどを、一生懸命に伝えております。

その精神は、お茶のときも、一緒です。

心をこめて淹れたお茶は、心に響くお味です。

11月に予定している和菓子教室   おけやの一周年記念の会も、美味しいの先にある豊かさや楽しさを心ゆくまで、感じていただけると思います。お楽しみに。

気負いなく、リラックスして、お越しください。

感謝の意を込めた特別な機会ですので、ご参加心よりお待ちしております。

 

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

  また、今回のあかりコンサートの会場となりました三条別院。とても素晴らしいお寺でした。祈りの場所でのワークショップ。心に沁みる和菓子ができる予感がします。

よろしくお願いいたします。↓↓↓ 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

ご参加、心よりお待ちしております。

 

和菓子教室  おけや

秋晴る

ここのところ、娘たちに任せていた犬のお散歩。

久しぶりに、晴天の中、いってきました。

少し、行かないだけで、散歩ルートは、秋めいていました。

 

f:id:wagashi-okeya:20190919194552j:image

●薯蕷練り切り「落ち葉」

山芋が美味しくなる季節。

f:id:wagashi-okeya:20190919162610j:image

蒸した山芋を丁寧に裏ごしし、白あんとまぜ、練り切りに。山芋の香りがふわっーとして、ほくっとして、それでいて、真っ白で。本当に幸せの味です。

娘たちは、求肥でつないだものより、山芋でつないだこの練り切りが好みのようです。

女子は、お芋に弱いですね。

f:id:wagashi-okeya:20190919173537j:image

いつのまにか、黄色、茶色の落ち葉があちこちに。

f:id:wagashi-okeya:20190919163207j:image

ふと、木の上に目をやると、、、、

あれー?あれれ。

かまきりが、葉っぱと一体化してました。

かわいい。

f:id:wagashi-okeya:20190919164555j:image

その真下には、とんぼがひと休み。

f:id:wagashi-okeya:20190919163652j:image

ほのぼのとした秋の昼下がりでした。

f:id:wagashi-okeya:20190919164006j:image

酒饅頭

ほっこりの蒸し菓子が、おいしい季節ですね。

 

 

和菓子教室  おけや

★★★今後の教室の予定★★★

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

 

ご参加、心よりお待ちしております。

長月のお稽古〜残る暑さ〜

ここのところ、お稽古の日は雨だったので、

昨日は、気持ち良いくらいの晴天の中で、

長月のお稽古となりました。

f:id:wagashi-okeya:20190918082916j:image

●栗きんとん、光琳菊、栗蒸しようかん

 

友人が、届けてくれた茨城、岩間の栗。

私は、毎年、この栗で、きんとんを作りますが、いろんな栗の中でも、この岩間の栗で作るきんとんが、本当に美味しい!と思うのです。

そして、美味しいの後には、幸せの波が何回も襲ってきます。

この美味しい幸せの栗を是非、皆さまに味わっていただきたいと、練り切りで作る予定だった「栗拾い」を栗きんとんに変更しました。

f:id:wagashi-okeya:20190918083559j:image

坊主型を使って、上品に。

f:id:wagashi-okeya:20190918091333j:image

仕上げは、グラデーションのきいた練り切りで秋の葉っぱをのせました。

 

また、今回は、皆さんで、光琳菊の包餡も、三回くらい練習してから、本番に挑みました。

皆さん、とても上手にできていたと思います。

しべ、葉の大きさ、しべのくぼみの強弱は、個々それぞれ、感性の赴くままに。一つとして同じものがない菊の花ができました。

 

栗蒸しようかんは、材料にこだわるところが、より美味しいものへつながる近道だと思います。色々試行錯誤して、粒子の大きめのあんと、熊本の栗の甘露煮を選びました。栗蒸しようかんは、やはり、和菓子の中でも、ヒーローみたいな存在なので、是非、あんこと栗には、こだわって自分好みのものを作ってみてください。一年に一回の腕まくりですので。

f:id:wagashi-okeya:20190918090526j:image

●岩間の栗の甘露煮

手作りした甘露煮を入れた栗蒸しようかんも、

味見程度にお配りしました。

f:id:wagashi-okeya:20190918091759j:image

そして、もうひとつのコツは、このコネコネ。

ご参加の皆様、頑張ってコネコネしてくださいね!

 

f:id:wagashi-okeya:20190918091036j:image

最後は、みなさんで、ほっと一息のお茶タイムです。栗きんとんをたべたときの皆様の幸せそうな笑顔をみて、私も嬉しくなりました。その後は、和菓子というひとつの点でつながったみなさまで、和菓子や器、栗の産地、お月見団子のお話などをして、御開きとなりました。

暑い中、汗を拭き拭きお越しくださった皆様、ご参加ありがとうございました。

 

昨日は、味見に虎屋の空の旅という羊羹と、塩芳軒の和三盆をお出ししたので、お持ちしなかった沖縄の仲宗根黒糖さんの黒糖。

次回、神無月のお稽古では、おもちして、仲宗根黒糖さんの黒糖をたべながら、黒糖のお話もしたいと思います。おたのしみに。

 

会場のハックルベリーブックスさんにも、感謝感謝です。いつもありがとうございます。

f:id:wagashi-okeya:20190918094506j:image

ハックルベリーブックスさんでは、近々、こんなにステキなイベントがあります。

人気作家さんの原画を見るだけでなく、29日には、作家さんが来店され、トーク、サイン会があるそうです。ご興味のある方は是非遊びに行ってみてください。

 

追伸

今回は、定員がいつもより多く8名様でしたので、お手伝いがてら、友人に参加してもらいました。お料理と写真が得意なので、今回の写真は、友人が全てとってくれました。いつもの教室では、写真をとれずに終わることが多いので、本当にありがたかったです。

その友人。早速、栗むしを作ったようで、写真が送られてきました。

f:id:wagashi-okeya:20190918095104j:image

本当に美味しそうですよね。

この友人、クックパッドのレシピエール さんで、

わらしという名前で、活躍しています。

彼女の美味しいお料理やお菓子は、クックパッドの本に何回もレシピを掲載されています。ブログもやっていますので、ご興味ある方は、覗いてみてください。

とってもステキですよ。それと、、、美味しいです。

 

和菓子教室   おけや

 

★★★今後の教室の予定★★★

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

 ご参加心よりお待ちしております。

嬉しいいただきもの

毎年、恒例の嬉しいいただきもの。

茨城出身の友人が、栗の産地で有名な岩間の栗をとどけてくれました。

早速、栗きんとんを。

f:id:wagashi-okeya:20190914173629j:image

●栗きんとん「栗名月」

10月の栗名月こそは、お月様を見れるといいなぁという思いをこめて。

岩間の栗で作った栗きんとんは、この上なき幸せの味。

娘達と、おいしーーーを連呼しました。

f:id:wagashi-okeya:20190914173901j:image

●岩間の栗

みてください!この美しい栗を。↑ツヤツヤです。

f:id:wagashi-okeya:20190916115554j:image

●岩間の栗の甘露煮

甘露煮、渋皮煮、きんとん、、、どれを作っても、

おいしくできてしまいます。

また、今年も、立派な栗をありがとうございました。

友人に感謝です。

 

昨日は、十五夜でしたね。

お月様をみようと、犬とお月見を兼ねた夜散歩へ。

しかし、お月様は、みあたりませんでした、、。

帰り道、大きくなった里芋の葉が、すこし冷んやりした風にゆれて、しみじみ秋をかんじました。

月を待って歩いた芋名月の夜、、、諦めて、、

道端の猫じゃらしを拝借して帰りました。

f:id:wagashi-okeya:20190914120301j:image

●松島屋の豆大福

十五夜の昨日、友人が、泉岳寺にある人気の松島屋さんの豆大福を届けてくれました。お月様のようにまん丸の!

お豆の塩気と素朴なあんの美味しさ、勢いがあって生きてるみたいな大福でした。

そして、何より、予約をして、当日中に届けてくれた友人の心遣いが嬉しかったです。

美味しくて福が舞い込むような「嬉しいいただきもの」の数々でした。ごちそうさまでした。

追伸

お月見散歩の最中にも、倒れた木や、あちこちにとんだ枝など、台風の影響がみられました。

千葉南部に住んでいる親戚から、昨日からようやく、電気が通ったと連絡がありました。

本当に大変な時間だったようです。

今回の被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 

和菓子教室  おけや

 

★★★今後の教室の予定★★★

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com 

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 


ご参加、心よりお待ちしております。

重陽の節句

明日、9月9日は、五節句の中のひとつ。

重陽節句ですね。

翁草ともいわれる菊に、不老長寿を祈願して、

菊の節句とも呼ばれています。

和菓子屋さんでも、着せ綿など、

菊のお菓子が沢山ならびます。

f:id:wagashi-okeya:20190908094416j:image
●道明寺製「光琳菊」

丸と点だけで、表現した光琳菊を道明寺で。

作っている時の道明寺のもち米の香りが、

とても、ふくよかで、たまりませんでした。

 

f:id:wagashi-okeya:20190908101504j:image

犬の散歩の時に、出始めのお月様をパシャリ。

満月へ、あと、もうすこし。

今年の十五夜は、9月13日だそうです。

f:id:wagashi-okeya:20190908095937j:image

●塩芳軒  「古都の名月」

和三盆で、こんなに可愛らしいお菓子をみつけました。長月のお稽古で、お出ししたいと思います。

お楽しみに。

 

先日、甥っ子が、電話で、幼稚園で習った俳句を披露してくれました。

「秋深し  隣は何を  する人ぞ」

秋は、本当に、この通りですよね。ふ、ふ、ふ。

 

f:id:wagashi-okeya:20190908100548j:image

道の駅で、今年初の栗を買いました!

さて、さて、何をつくりましょうか?

和菓子にとっても、楽しい季節到来です。

 

和菓子教室   おけや

 

★★★今後の教室の予定★★★

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

wagashi-okeya.hatenablog.com

 

ご参加、心よりお待ちしております。

★2020年1月19日(日)新潟でのワークショップのお知らせ★

先日の台風19号の影響を考え、

10月12日のワークショップは、

延期となりました。

楽しみにされていた方には、

大変ご迷惑をおかけしました。

申し訳ありませんでした。

延期の日程が、決まりましたので、

ご報告いたします。

日程は、2020年1月19日日曜日となります。

よろしくお願いいたします。

また、詳細は、三条市ステージえんがわまでお問い合わせ願います。

電話 0 7 0 - 2 8 2 7 - 8 8 8 3

Facebook

https://m.facebook.com/stageengawa/?locale2=ja_JP

来年、皆様にお会い出来ますことを楽しみにしております。

よろしくお願い致します。

また、今回の台風のでは、深刻な被害をうけた地域が沢山あり、本当に胸が痛みます。

皆様の日常が、少しでも早く戻りますよう、心よりお祈り致します。

 

新潟での三回に及ぶワークショップの最終回

「和菓子を創ろう《礼》~一期一会の気持ち~」のお知らせです。

 

新年を迎えて、寿ぎの和菓子を、手作りしませんか?心を込めた贈り物にもオススメです。

f:id:wagashi-okeya:20190905220046j:image

●花びら餅

年始にいただく吉祥の和菓子です。赤ちゃんの頰のように柔らかい、できたての求肥、野趣溢れるごぼうの香り、自家製味噌を隠し味につくられた味噌あんの甘じょっぱいお味のハーモニーを、是非味わっていただきたいです。

f:id:wagashi-okeya:20190905220733j:image

●きみしぐれ

降ったり止んだりする通り雨「時雨〜しぐれ」。表面の亀裂が時雨(しぐれ)るときの空の様子に似ていることから名前がつきました。中あんは、黒あんと白あんにレモンピールをまぜたものと二種類ご用意します。レモンピールあんの方は、コーヒーと、相性抜群です。

f:id:wagashi-okeya:20190905221521j:image

しぐれぼうず型を使って、和三盆の入った上品なきみしぐれをつくりましょう。

 

日時/2020年1月19日 日曜日 13:00~15:00

参加費/ 2,000円 ※先着20人

会場/三条別院 書院の間 にて
(明治天皇が休憩なさった場所だそうです。)

持ち物/ エプロン、おてふき

内容/お菓子は、上記の二種を各二個つくり、そのうち、二個を試食、二個をお持ち帰りします。

申 込 /
ス テ ー ジ え ん が わ( 0 7 0 - 2 8 2 7 - 8 8 8 3 )

 

前回、お出しした佐賀県嬉野茶の新茶は、非常に好評でした。その新茶を熟成させた秋の蔵出し一番茶もお出しします。

新茶とは、また異なる深みを味わってください。おたのしみに!

f:id:wagashi-okeya:20190905222214j:image 

 

春に仕込んだ自家製味噌も、花びら餅の隠し味になるべくただいま、熟成中です。

f:id:wagashi-okeya:20190905223303j:image

 

当日は、五感をフルに使い、楽しく和菓子づくりをしましょう。

三条別院 書院の間という素敵な雰囲気の中、

とても、贅沢な時間となりそうです。

f:id:wagashi-okeya:20190905231428j:image

●三条別院
f:id:wagashi-okeya:20190905231424j:image

●三条別院内部

 

皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

心を込めて、最終回をつとめたいと思います。

 

《お申込み&お問い合わせ》

三条市ステージえんがわ

TEL   07028278883

 

和菓子教室   おけや